ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エイフェックス・ツイン、なぞがなぞを呼んでますが、新作を7月8日(金)にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

13年の雲隠れから一転し、なんとな〜く1年に2枚ぐらいペースのリリースが続いているエイフェックス・ツインこと、リチャード・D・ジェームス。

ということで、2016年も新作を発表です。

すでに新しいシンセの新商品紹介のようなダイレクトメールが配布され、話題になっておりますが、やはりこれ新作のリリースに際するリチャード様自からのダダ漏れ作戦の一部だったようです。こうあれですね、アニメとかでいちいち予告しちゃう大強盗みたいなアレですね。

そんなダイレクトメールですが、どう考えても上記のようにシンセの新製品情報にしか思えない文面……。「まさかシンセ出すNO? 出さないNO? エイフェックスならやりかねませんねー」なんて話もありそうでなさそうな、そんな文面でしたが7月8日(金)に「Cheetah EP」がしっかりと音楽作品としてリリースされることが決まった模様です。

さきほどそんなダイレクトメール文章に作品紹介が追加された文面もアナウンスされました。当たり前ですが、なにかシンセに関するなみなみならぬ執念を感じさせますが……。なんでおもちょーーレア機材を駆使してるとか……たしかに「Cheetah」とシンセで検索するとレア・シンセが出てきますね。すでに海外のエイフェックス・マニアが騒いでますね。ということで、OTOTOYでも配信予定、とりあえずリリースをお楽しみに。
(河)

<今回アナウンスされたDM文章邦訳>
New Product Information
Cheetah EP

Aphex Twin – Cheetah EPは、デジタルサウンド生成技術と波形シーケンス技術を駆使し、今日では貴重となった、動きと奥行きのあるサウンドを届けます。

ユーザーの皆様がCheetah EPを長きに渡って確実に楽しめるよう、ご利用前に必ず取扱説明書をお読みください。

もし、自分で実験したり、サウンドを作る場合は、一からパッチを組む前に、まずプリセットサウンドをエディットすることから始めてみましょう。

ユーザーの皆様に、本作の並外れたポテンシャルの全てを知っていただくためにも、このCheetah EPプログラミングと是非格闘してみてください。

さあプログラミングをお楽しみください。もし他のCheetah EPユーザーが高く評価するような素晴らしい音源やサウンドを生成できたら、それらのMIDIデータをディスクに焼いてWarpまで送ってください。もし私たちも素晴らしいと思えば、報奨を与えます。
ぜひ挑戦してください!

特徴・仕様
-デジタル・ウェーブ・シーケンシング・シンセサイザー
-発音中でも、波形を変化させることで、サウンドをシーケンスできるようプログラミングされており、音楽にずば抜けた躍動感と個性をもたらします。
-同時発音数:15
-べロシティ対応
-マルチティンバー
-ステレオアウトプット
-フロントパネルのみで全てのプログラミングが可能
-LEDディスプレイ

Aphex Twin
Cheetah EP
BRE-52 / WAP391

Released: 08/07/2016
Formats: CD, CD+T-shirt, Vinyl, Ltd Edition Cassette, Digital
01. CHEETAHT2 [Ld spectrum]
02. CHEETAHT7b
03. CHEETA1b ms800
04. CHEETA2 ms800
05. CIRKLON3 [ Колхозная mix ]
06. CIRKLON 1
07. 2X202-ST5*

*アナログ盤には、ダウンロード・トラックとして収録。

Info:
www.cheetah-ep.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP