ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【イノベーターズ】「日本最古の音楽系ECサイトをつくった男」伏谷博之/前編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ふしたに・ひろゆき
1966年島根県益田市生まれ。90年、タワーレコード心斎橋店にバイトとして入社。94年、新宿ルミネ店店長。96年、デジタルビジネス事業部部長。97年「tower.jp」をローンチ。2001年マーケティング部を設立し、03年執行役員マーケティング担当に。04年、株式会社NMNL設立、代表取締役社長に。05年よりタワーレコード株式会社代表取締役社長に、同年ナップスター・ジャパン株式会社設立。07年、タワーレコードを退社し、09年より『タイムアウト東京』を設立

通信やICTにまつわる”なにか”を生み出した『イノベーターズ』。彼らはどのように仕事に向き合い、いかにしてイノベーションにたどりついたのか。本人へのインタビューを通して、その”なにか”に迫ります。第1回は、「日本最古の音楽系ECサイトをつくった男」、伏谷博之さんです。

「結構俺ね、集中するタイプなんだけど、集中しながら幽体離脱してクールに自分を見てるところがあって。ちょっとしたコンプレックスなのかもしれないけど、完全に没入してないんだよね。”僕ってこういう人です”って言えないかもしれない。漫画家です! とか、今これに夢中なんだ! とか」

ロックスターみたいだ。それもこっちを威圧しないタイプの。ロン毛で無精ヒゲで黒のTシャツは七分袖。最初からタメ口で。でも全然横柄とか無礼とかいう感じではなくて、とにかくご機嫌。

と、同じテーブルの美女が「ずるいんですよ」と微笑んだ。「社外にはこんなふうにゆるーく見せてるから、”伏谷さんって優しくてすっごくいい上司ですよね”ってよく言われるんですけど、全然(笑)。社内では超重箱の隅をつつくタイプですよ」

「ネタですけどね」と返す伏谷さん。被せるようにして「ネタじゃありません」と返され、ニヤニヤしている。傍らの美女は東谷彰子さん。コンテンツ・ディレクターと名刺には入っている。何の? 『タイムアウト東京』である。

大学5年。タワレコのバイトが「スタート」

伏谷博之さんは、タワーレコードで、日本最古の音楽系ECサイトを立ち上げ、早すぎるサブスクリプション(定額制)音楽配信サービス「ナップスター」をアメリカから持ち込んだ。ちなみに(有名なエピソードだけど)、タワーレコードにはバイトで入って社長になっている。間違いなくレジェンドだ。でもゆるゆるしている。話していると和む

『タイムアウト』はイギリス人のトニー・エリオットさんという、現在69歳のおじいさんが、ハタチの頃に創刊したシティガイド。ビートルズとストーンズとヒッピーカルチャーとヌーベルバーグがぐちゃぐちゃになって弾けていた60年代のロンドンを生々しく伝えるために生まれた。今では世界41カ国109都市で展開している。その東京版をつくっているのがこちらのオフィスだ。

この『タイムアウト東京』が、現時点での伏谷さんの最新の”イノベーション”。2009年に日英2カ国語のウェブマガジンとしてスタートし、2013年からは英中2カ国語に対応する紙の雑誌もできた。「『コンテンツ大国』とか『観光立国』って言われ始めたころに、”外国人に日本のものにお金を使ってもらうのはいいことだよ!”と思って」

「@TOWER(現在のタワーレコードオンライン)」に着手したのは1996年。そもそものキャリアのスタートは90年だった。大学5年生の時にタワーレコードでのバイトを始めた。生まれは島根県益田市、高校時代からバンド活動をしていて、あわよくばデビューを目指し、進学という口実で大阪に出てきた。たまたま心斎橋の新店舗のオープニングスタッフになり、そのまま正社員に。心斎橋店はタワーレコードの実験的な店舗として成功を収め、心斎橋の店長がその手法を踏まえて新たに東京にオープンする新宿ルミネ店の開店スタッフに誘われた。それが92年のこと。転機が訪れるのはその3年後だった。

「渋谷店が出来たんだよね。店長は、それまでルミネ店を仕切ってた直属の上司。で、すぐに新宿ルミネ店を抜いて売り上げトップの店舗になったの。僕はスライド式で新宿ルミネ店の店長になってたんだけど……」

環境が完全に変わっていた。タワーレコード渋谷店というのは、あの有名なタワーレコード渋谷店。地上8階、地下1階に内外のさまざまな音源が詰まっていて、ずらっと試聴機が並んでいてインストアライブも頻繁で、世界のセレブ的ミュージシャン直筆のメッセージとか衣装とかが展示されてる、あの”渋谷タワレコ”。新宿ルミネ店に営業に来てたレコード会社の人々もほとんど渋谷に鞍替えしてしまったらしい。

伏谷さんは燃えた。「あんなレコード会社の倉庫みたいな、でっかいだけの店に負けるかよ!」。でも同時に萎えもした。「そもそも俺ってレコード屋の店長やる人生だったんだっけ?」。レコード屋さんとして天下を取ろうとか、己の好きな音楽を日本に広めるぜとか思ってたわけではなくて、ただ面白かったから。

最初にバイトで入った心斎橋店が、とにかく創造的だった。「J-POP売り場」を初めて展開したり、インストアライブや試聴機を積極的に導入。のちのタワーレコードの店舗のスタイルを確立するような店だった。バイトでも、ミーティングで発言しなくちゃ「ダメ」だったし、バイトなのに勝手に近所のデパートに偵察に行ってディスプレイの手法を盗んできたりしてたし、店が駅から離れていて客足が天候に左右されるからといって、バイトなのに「最強の品揃えにして対抗しよう」なんて考えたりした。

「ダメなところは自分たちでなんとかして、ないものは自分たちでつくるみたいな仕事のやり方は、この時代に身についたと思う」

日本一のレコ屋店長から、日本初の音楽系EC社長へ

その心斎橋での”刷り込み”がプラスとマイナス両面に作用したわけだ。ネガティブな状況に対してやる気が出たと同時に、終わらない文化祭みたいな状態でここまで来たため、あらためて自分のあり方を見つめなおそうと思った。伏谷さん、まもなく30歳になろうとしていたのだ。

「で、直属の上司に会社を辞めますって言いに行ったの。上司は元の心斎橋の店長で、渋谷店の店長を経て、その時には営業本部長になってたかな。そしたら”なんかやりたいことはないの?”と。”経営会議に企画もってこい”って言われて」……渋谷店なんぞに負けるかよ! の方のモチベーションが伏谷さんの鎌首をもたげた。

「それでちょっと考えてたのが、Eコマースだったの。わりと一所懸命調べて、アメリカには『ミュージックブルバード』とか『CD NOW』とかいうのがあって、インターネットで通販すれば、持っておくのはデータベースだけでよくて、在庫は無限大だと。渋谷店の在庫が当時十数万枚だったから、無限大だったら俺の勝ちじゃない? って思って」

そうして企画書書いて経営会議に乗り込んだ。どっちみち辞めりゃあいいと思ってるから強い強い。

「結構な剣幕で”小売りやってるんだから、当然Eコマースやりますよね”って。みんな知らないっていうから、”どういうことっすか⁉”って。予算を聞かれて”ン億円”って言った覚えがあるよ(笑)」

果たして企画は通った。ただし予算は「0」。そして副社長からは、「二度とあいつを経営会議に呼ぶな」というお達しももらった。「@TOWER」がローンチするまでの約1年間、めちゃくちゃ楽しかったと伏谷さんは言う。

「『デジタルビジネス事業部』って名乗って。当時テクノが流行ってたからそれっぽいカタカナで『デジビズ』ってロゴを友だちにつくってもらって名刺に入れて、まあやることないから毎日ネット系に強そうな会社を訪ねては、ECやりたいんで協力してくださいって毎日外回り。渋谷タワレコの店長室の一角で、部員は俺ひとりで、新宿ルミネ店の店長辞めてきてるから、なんかやらかしたってみんなに絶対思われてたよね(笑)」

全然実を結ばない営業&啓発活動は、日本のインターネットの父との出会いで一気に実現する。

「広報室の谷河(立朗)君が伊藤(穣一)さんを紹介してくれて。企画書持って会いに行ったら”なるほどね、分かった! タワレコでECって面白いね! これからインターネットが世界に広まると、より世界は▲○※☆♪!△■○♪☆※△でさ……”って、後半はなに言ってるか分からなくなってきたんだけど、とにかく最後に”いろいろ声かけます。手弁当でつくりましょう!”って言ってくれて。”よし! つくるって言ったぞ!”って。それでジョーイさんがあちこちに声をかけてくれて、ようやくプレーヤーが集まった」

そして「@TOWER」は97年に開業。……なお、最初の月の売り上げは十数万円だったという。

(つづく)

関連リンク

タイムアウト東京
PLAY▶TOKYO
タワーレコード

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP