ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】次回の「ハンター×ハンター」が超ヤバイ内容だと判明 / 出版関係者「少なくとも主要人物が3人死ぬ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

hunter1

人気漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で一番人気の漫画といえば、「ワンピース」である。しかしディープなジャンプファンにとって、それ以上に注目している漫画が「ハンター×ハンター」(HUNTER×HUNTER)だ。作者の冨樫先生は持病の腰痛に耐えながら漫画を執筆しており、多くのファンが彼の健康を心配している。

・ファンが「夢の最強対決」に歓喜
そんな「ハンター×ハンター」が長い休載から復活し、2016年4月18日発売の週刊少年ジャンプから連載を再開。突如として主要キャラクターのヒソカとクロロの対決がスタートし、世界中のファンが「夢の最強対決」に歓喜し、毎週、ハラハラドキドキさせながら読んでいる。そんな状況下で、とんでもない情報が入ってきた。以下は出版関係者の声である。

・出版関係者の声
「これは事情通から流れてきた話なのですが、次回の週刊少年ジャンプ(2016年6月13日発売)で、少なくとも主要キャラクターが3人死ぬらしいのです。「ハンター×ハンター」はキャラクターが頻繁に死ぬ漫画ではありますが、死ぬと言われている主要キャラクター3人は、かなり昔から登場している重要キャラクターで、読者のほとんどが「まさかこの3人を殺すとは予想しなかった!」と思うのではないでしょうか」

・漫画界に大きな衝撃
いったいどんな内容になっているのか!? そもそもヒソカとクロロの戦いが終わっていない状況で、3人も一気に主要キャラクターが死ぬというのも衝撃的な情報である。そもそも3人死ぬという情報は嘘なんじゃないだろうか? この情報が正しければ、漫画界に大きな衝撃が走るのは確実だ。少なくとも、冨樫先生が天才なのは間違いないだろう。

もっと詳しく読む: (バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/06/09/hunter-x-hunter-kortopi-shalnark/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。