ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【緊急事態】人気漫画「ワールドトリガー」作者急病 / 週刊少年ジャンプで休載決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で絶大な人気を誇る漫画といえば「ワールドトリガー」である。その作者の葦原大介(あしはらだいすけ)先生の急病により、「ワールドトリガー」が休載されることがマスコミ関係者の証言により判明した。

・休載に陥るほどの急病
2013年から連載が続いている「ワールドトリガー」は、2014年にアニメ化が決定し、世界中にファンがいる人気漫画となっている。葦原大介先生の体調に関する情報は不明だが、休載に陥るほどの急病なのは間違いなく、ファンにとって非常に心配な状況といえる。

・代替え原稿は「ふぞろいの文身たち」
マスコミ関係者によると、休載が決定しているのは2016年6月13日に発売予定の「週刊少年ジャンプ」(28号)。代替えの原稿として、緊急で用意された「ふぞろいの文身たち」(すがぬまたつや先生)が掲載され、内容はギャグマンガとなっているようだ。今回の緊急掲載に際し、すがぬま先生は「載せるから2ページ減らせ」と編集部に言われたという。

・早く回復して素晴らしい作品を
とにかく、日本中、いや、世界中にいる「ワールドトリガー」ファンのためにも、早く回復して素晴らしい作品を掲載し続けてほしいものである。これを機に、ゆっくり休むというのも一つの選択肢としてあっても良いかもしれない。ちなみに復帰は「週刊少年ジャンプ」(29号)を予定しているという。

もっと詳しく読む: 人気漫画ワールドトリガー作者急病で休載決定(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/06/09/world-trigger/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP