ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

標高2,300mの所に教会が⁉︎ 到達が困難すぎるアルメニアの名スポットまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どうもこんにちは、稲川です。みなさんはアルメニアという国をご存知ですか?

ノアの箱舟が漂着したとされるコーカサス山岳地帯に位置するアルメニアでは、素晴らしい自然の景色を楽しむことができます。

今回はその中でも特に、アルメニアの教会と大自然が織りなす美観スポットをご紹介します。

 

アンヴェルツAmberd( Ամբերդ)

photo by Midori Inagawa

標高2,300mの山の頂上に位置する教会です。まさに頂上という感じで、細い道の脇は急な斜面が広がっています。たたずむと空を飛んでいるかのような気分にさせてくれます。

 

ゲガルド Geghard( Գեղարդ)

photo by pixta

川の上流域にある修道院です。なんとここ、岩山を掘って作ったワンピースの修道院なのです。イエスキリストの脇腹を突いた槍が発見されたことで知られています。

修道院の入り口付近には、地元のおばさんたちが手作りの甘いパンやお菓子を売りに集まっています。

 

ハフパット修道院 Haghpat Monastery(Հաղպատավանք)

photo by commons.wikimedia.org

なだらかな山の上に作られた教会です。UNESCOにも登録されています。教会の対面に大きく広がる山の静かな景色は、何時間底にいても時間の経過を忘れさせてくれます。

小さくて素朴な村々を越えていく道中から、何世紀も前にさかのぼったかのような気持ちに錯覚させます。

 

タテフ The Tatev monastery (Տաթևի վանք)

photo by pixta

言わずと知れたアルメニアの名スポット。奇観としても知られています。タテフの翼という名前の世界一長いケーブルカーが通っています。

 

ノラバンク Noravank  (Նորավանք)

photo by upload.wikimedia.org

作りが2階建てになっていることで有名な協会です。2階に行くためには、外側に装飾のように取り付けられた階段を上る必要があります。

手すりのない階段を上るのは戦々恐々ですが、数人で階段の各段に座れば面白い写真を撮ることもできますよ。

 

サモサバンク The Saghmosavank( Սաղմոսավանք)

photo by upload.wikimedia.org

なぜここに教会をたてたのか、と思わずにはいられないほど切り立った断崖に建てられた教会。崖の際に建てられているため、崖と教会を一緒に写真に写すのが難しいほどです。

階段のようになった大きな崖の景色は一見の価値ありです。

 

まとめ

世界で初めてキリスト教を国教とした国であるアルメニアには、ほかにも多くの美しい教会や遺跡が存在します。今回はその中でも特に、自然美に恵まれており且つその立地から到達が困難であると思われるものをご紹介しました。

 

どこも車を使って訪れることができますが、公共交通機関の行き届かない場所にあるため、現地までの移動手段を自分で確保する必要があります。日本の旅行会社のツアー等にはなかなか組み込まれておらず、訪問のためには現地の旅行会社に頼むか、車を借りて自分で運転する等する必要があります。

アルメニアの人々はとても礼儀正しくおもてなしの心にあふれているため、現地で友達を作って彼らと一緒に訪れるのもよいでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

憂鬱な連休明けとはおサラバ!「何もしない贅沢」を味わえる古民家宿5選
グリーンの力は心をリラックスさせてくれる!世界の緑色の絶景7つ
世界が驚嘆する。日本にある5つの幻想的な絶景
標高5,000m以上の天空の世界!息を飲む絶景5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP