ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

到達が困難すぎるアルメニアの観光スポット9選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

みなさんはアルメニアという国をご存知ですか?

ノアの箱舟が漂着したとされるコーカサス山岳地帯に位置するアルメニアでは、素晴らしい自然の景色を楽しむことができます。 今回はその中でも特に、アルメニアの教会と大自然が織りなす美観スポットをご紹介します。

*編集部追記
2016年6月の記事に新たに3選追記しました。(2017/10/28)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

アルメニアに行ってみての感想

photo by shutterstock

アルメニアの首都・エレバンとゴリスという街を訪れたのですが、エレバンは街の中心地はきれいに整備されており、一見するととても整った都市でした。

しかしながら、少し中心から離れた場所に行くとまだまだカオス感があり、少し離れるだけでこんなにも違うんだなあとビックリしたのを覚えています。

 

アルメニアは西洋と違い、人同士に適度な距離感があり、それがまた心地良かったです。ゲストハウスに泊まったのですが、オーナーがとても良い人で、非常にいい印象を受けました。

ちなみにエレバンには、日本人の方が経営している日本食料理屋「櫻田」があります。とてもおいしいので、ぜひ訪れてみてくださいね。

 

おすすめのベストスポット

photo by shutterstock

私がおすすめするのはエチミアジン大聖堂
です。アルメニア使徒教会の総本山として知られるアルメニア最古の大聖堂で、ここにはカトリックの法王庁に相当する大司教座が置かれ、神学校なども併設されています。

 

アルメニア風の中央ドームや十字廊の建物など、歴史ある荘厳な雰囲気が漂うエチミアジン大聖堂。観光客だけでなく、アルメニア人のキリスト教徒も多く通う場所なので、信仰には敬意を払い、あまりうるさくしないようにしましょう。
他におすすめの記事はこちらです
街全体が世界遺産!ジョージタウンの「アルメニアンストリート」は見所だらけだった
ノアの箱舟がたどり着いた「アルメニア」の世界遺産まとめ

 

*編集部追記(2017/10/28)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

アンヴェルツAmberd( Ամբերդ)

DSCF9322

photo by Midori Inagawa

標高2,300mの山の頂上に位置する教会です。まさに頂上という感じで、細い道の脇は急な斜面が広がっています。たたずむと空を飛んでいるかのような気分にさせてくれます。

 

ゲガルド Geghard( Գեղարդ)

The Amberd fortress and church in Armenia

photo by pixta

川の上流域にある修道院です。なんとここ、岩山を掘って作ったワンピースの修道院なのです。イエスキリストの脇腹を突いた槍が発見されたことで知られています。

修道院の入り口付近には、地元のおばさんたちが手作りの甘いパンやお菓子を売りに集まっています。

 

ハフパット修道院 Haghpat Monastery(Հաղպատավանք)

heliorgomesさん(@heliorgomes)がシェアした投稿 – 2017 10月 24 8:16午前 PDT

なだらかな山の上に作られた教会です。UNESCOにも登録されています。教会の対面に大きく広がる山の静かな景色は、何時間底にいても時間の経過を忘れさせてくれます。

小さくて素朴な村々を越えていく道中から、何世紀も前にさかのぼったかのような気持ちに錯覚させます。

 

タテフ The Tatev monastery (Տաթևի վանք)

Ancient monastery. Tatev. Armenia

photo by pixta

言わずと知れたアルメニアの名スポット。奇観としても知られています。タテフの翼という名前の世界一長いケーブルカーが通っています。


関連記事リンク(外部サイト)

君にはここに立つ勇気があるか?ノルウェーの危険過ぎる絶景”シェラーグ・ボルテン”
初の日本人観光客になろう!まだ知られていない世界の美しいスポット5ヶ所
九州のオススメ観光スポット18選!今年の旅先は九州で決まり!
タモさん、綾野剛も訪れた!CMで話題になった国内の絶景ロケ地10ヶ所まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。