ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メガバンク勤務ケチ男 ドリンクバーでティーバッグ持ち帰り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 政治資金の私的流用疑惑で、「ケチ」「セコイ」と厳しい批判を浴びせられる東京都の舛添要一知事。しかし、ケチなのは知事だけじゃない。あなたの身の回りにもいるのでは…。

「6年前に結婚した夫は、7才年上のメガバンク勤務。交際中から仕事柄かお金にシビアで、浪費家の私にとって、“この人となら”と魅力的に思えたんです。でも結婚して分かったのは、ただのケチでセコイっていうこと…」

 そう眉間にしわを寄せながら話すのは都内在住の石川由美さん(仮名、36才)。その事実に気づいたのは、長男(5才)が生まれてファミレスに行くようになってから。

「行くと必ずドリンクバーを頼みます。紅茶やハーブティーなどもたくさんの種類がありますよね。まず私がおかわりをしなかったら、“3杯は飲んでよ。元が取れないだろ!”と真面目な顔して言うんです。仕方なくいろいろ飲んだら、今度はその紅茶やハーブティーのバッグを持ち帰ろうとする。

 もはやセコイっていうか、法的にどうなんだろうって思って彼を注意したら“だってお金払って、いくら飲んでもいいんだから、いいんだよ”って。しかもコーヒークリームや砂糖なんかも持ち帰るし、私にも強要する。“由美も持って帰ってきてよ。家でふたりで飲むんだから、2人分必要でしょ”って」

 ファミレスだけじゃない。旅先のホテルでは…。

「朝食バイキングなんかでもパンを“昼用”とか言って持ち帰るんです。ハンカチなんかにくるんで。いま子供は5才で、夫の行動を真似するようになりました。“教育上よくないからやめて”って頼んでいますが、夫は何がよくないかがわからないようで…。ああいう感覚は人によって違いますからね。子供がいなかったらとっくに離婚してますよ」

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
薬大量に持ち帰る後期高齢モンスター患者に看護師が疑問抱く
謎の美女・美咲 バーで飲んで、飲んで、泣いて、酔い潰れる
「あなたがお酒を一滴も飲めないのがイヤ」と離婚求める妻

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。