ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「故人」にされた八名信夫氏は映画撮影の真っ最中だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月6日、日本テレビ系で放送されたバラエティ番組『超頭脳トレード』にて、誤って「故人」と紹介されてしまった俳優の八名信夫氏(80)。

 八名氏が所属する悪役商会は、慌ててホームページで〈八名は健在で、現在も俳優として活動しております。この明らかな事実誤認につきまして、日本テレビに確認中です〉とのコメントを掲載する事態となった。

 一番困惑しているのは八名氏本人に違いない。さっそく事務所に問い合わせてみると、八名氏のマネージャーが怒り心頭な様子で、日本テレビへの不満をぶちまけた。

「八名は去年も日テレの番組やBS日テレのイベントに出演していたので、『一体、どういうことなんだ!』と大変怒っています。

 日テレ側の説明では、八名の母の死亡記事を見て、それと勘違いしたということですが、今年の5月30日にも岡山で仕事をしていることをホームページに載せている。それが“故・八名信夫”ですからね。

『オレは今まで1300回以上、テレビや映画で殺されてきたけど、よもやこんな形で殺されるなんて……』とも。青汁のキューサイさんとはまだCM契約も残っていますし、今回の件でたくさんの方々にご心配をかけてしまいました」

 過去にもネット上で「死亡説」が流れたことがあるという八名氏。改めて近況を聞くと、ただいま自身が監督・脚本・主演を務める自主制作映画の撮影真っ最中。記者が取材した日も朝から撮影が立て込んでいるとのことだった。

「タイトルは『おやじの釜めしと編みかけのセーター』といい、10月までには完成の予定です。富山県で釜飯屋を営む元刑事の主人公が、生き別れた娘を探す人情モノ。今の映画やテレビにはない作品を作りたいと、八名は地方の人たちの手弁当の協力もいただきながら、完全自費で制作しています。

 映画のテーマは“思いやり”なので、八名は今回の被害を受けて『なんて、思いやりがないんだ』とこぼしています」(前出・事務所マネージャー)

 日本テレビにとっては、思いやりが欠けていたことはもちろん、青汁CMの決めゼリフ通り、後味の“まず~い!”誤報になったようだ。

【関連記事】
日テレ新人・佐藤真知子アナ 丸顔で「第2の水卜」の声も
杏、ギャラクシー賞贈賞式で魅せる美しさ 多彩な演技が評価
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP