ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大和くんはなぜ生き延びた? 43年洞窟に住んだオジさんが分析

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北海道七飯町の林道で親に置き去りにされ、行方不明となっていた小学2年生の田野岡大和くん(7才)が発見されてから約1週間。奇跡の生還劇をテレビで見ながら、40年以上前のわが身を思い起こした人がいた。「洞窟オジさん」こと、加村一馬さん(70才)だ。山中で7日間、少年はなぜ生存できたか──加村さんに聞いた。

〈「洞窟オジさん」こと、加村一馬さん(70才)とは?〉
 群馬県生まれ。ひもじさでつまみ食いをしたときなどに、木の棒で叩かれたり、両足を縛られて木の枝から逆さ吊りにされたり…。両親による度重なる虐待から逃れ、13才のときに家出。足尾銅山の洞窟をはじめ、栃木や新潟などを転々としながら、人目を避け、昆虫や小動物、獣などを食し、洞窟などを寝ぐらにして43年間にわたり、サバイバル生活を送った。現在は社会復帰し、障害者支援施設に勤務している。

 * * *
 オレはさ、てっきりクマに襲われちまったんだろうなぁ、って思ってたよ。だって、7才の子が独りぼっちで7日間だろ…。

 まぁ、オレも13才のとき、親からの折檻がイヤで家を飛び出して山の中に逃げ込んで、それ以来43年間、サバイバル生活を送ったけど…とはいえ、あの子は7才だろ。つらかったと思うよ。

■サバイバルの条件1 身を寄せる場所

 人けのない山ん中で、何が怖いかって? 獣だよ。草木のカサカサした音や葉っぱがかすれた音が聞こえてくると、無性に怖くなるんだよ。何か動物が出てきて、襲われるんじゃないか、って。

 あの子もきっと、歩き始めは音を立てないように静かに歩いてたろう。だけど、周りに誰もいない、だんだん暗くなってくる…そうなると、物音を立てないことなんかどうでもよくなって、知らず知らずのうちに足早になる。で、気づいたら、何から逃げてるんだかわからないけど、追われるように走り出しちまうんだよ。

 あの子が賢かったのは、小屋を探したことだね。オレの場合は、家に戻るつもりがもともとなくて洞窟に辿り着いたんだけど…独りぼっちで夜を越すとき、何が大切かって、まずは、雨露や寒さをしのげて、獣に襲われにくいところ、身を寄せられる場所、体を冷やさない場所を見つけ出すことなんだよ。

 周りが真っ暗闇にならないうちに自衛隊の小屋を見つけ出して、そこに身を潜めた時点で、あの子は第1関門を越えたんだ。生き残るための条件──そんなものがあるとするなら、その1つ目は、身を寄せる場所の確保だな。

■サバイバルの条件2 空腹をしのぐ水

 四方を壁で守られた小屋に入ったら、やっと少しは安心する。そうすると、がぜん腹が減ってることに気づく。身の周りに向けてひたすら張り詰めていた気持ちがフッと途切れて、初めて空腹を意識するんだ。で、明るくなったのを見計らって、飲める水を手に入れられる場所を探すんだよ。

 オレもそうだったけど…水は空腹を埋めてくれるというか、腹の足しになる。もっとも、水をガブガブ飲んだところで、腹はすぐに減ってくるんだけどな(笑い)。

 でも、オレも水だけで1週間は大丈夫だった。そのくらいまでは何とか保つんだよ。あの少年は7日目の発見だったから、水だけで生き延びられるギリギリのところだったかもしれないな。ともあれ、腹に何か入れるのが、サバイバルの第2関門だ。

 オレの場合、その後、山菜やキノコを採ったり、昆虫なんかを捕まえて食ってた。カブトムシやクワガタムシの幼虫、ハチの子、カタツムリ、カエル、ネズミ、コウモリ…。カブトムシの幼虫がいちばんウマかったな。

■サバイバルの条件3 感情的にならないこと

 自衛隊の小屋が見つかって、そこに水があって、偶然の幸運が重なったかもしれないけど、 あの子がすごかったのは、泣き叫ばなかったことだとオレは思うよ。身を寄せる場所を確保して、腹に何か入れる。そうすると今度は、独りでいることがつらくなってくるんだ。

 ふつう、7才の子供なら、寂しくて、わけもなく泣き叫んだりしたろう。思わず、小屋の外に飛び出したかもしれない。でも、感情的になって突発的な行動を取ると、周りの動物がそれに気づく。今度こそ獣が襲ってくるかもしれない。

 1つ1つ、身の周りのことが満たされていくと、人は気持ちに余裕が出てきて、感情的になるものかもしれない。でも、実際のところ、周りの環境がそう変わったわけじゃない。身の周りから危険がなくなったわけじゃないから、油断しちゃいけないんだ。そりゃあ、ずっと緊張ばかりしてはいられないけど、気持ちをゆるめすぎないこと、警戒を怠らないことが何よりだ。

 オレは山ん中では、落ち着いて、無理にでも気持ちを落ち着けて、この先に起こりそうなことをできるだけたくさん予測した。雨、風、雷、暑さ、寒さといった自然。いつ、どこから現れるかもしれない獣。うっかり口にして体に害を与えるかもしれない山菜や植物の類…。結局は、自分の身は自分で守るしかないんだよ。

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
オレオレ詐欺 「オレオレ」と言われないからと騙される人も
キス魔妻 夫の会社の後輩にしだれかかって「ちゅうする?」
大学のイベサーからオレオレ詐欺の頂点に立った男の実態ルポ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP