ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャニス・ジョプリンの幼少時代の家が売りに出される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1960年代に活躍したブルース/ロック・スター、ジャニス・ジョプリンが子供時代に住んでいたテキサスの家が、50万ドル(約5,300万円)で売りに出されていることが明らかになった。

 1970年に死亡したジョプリンのテキサス州ポートアーサーにある家の外側には、彼女が住んでいたことを認めるTexas Historical Commission(テキサス歴史委員会)の標識がある。およそ140平米のこの家に家族で越してきた際、ジョプリンはまだ小学校に上がる前だったそうだ。

 課税記録によると、家の評価額は5万2,500ドル(約560万円)とのこと。販売者の名は公表されていない。

 この家が今月売りに出される前、テキサスおよびルイジアナ湾岸の歴史に特化した博物館“Museum of the Gulf Coast”の職員に対し購入について問い合わせたが、否定していた。

 博物館職員のサラ・ベリアンは、すべての家が博物館になるわけではないとし、維持費や資金の問題に言及した。

 昨年12月には、ジョプリンの派手にペイントされた1964年型ポルシェ356Cカブリオレが、オークションで176万ドル(約1億8,800万円)の値で落札されている。

関連記事リンク(外部サイト)

ジャニス・ジョプリンの愛車“ポルシェ356C”、オークション出品へ
ブルース・スプリングスティーンの名盤『明日なき暴走』を生んだ家が売りに出される
エルヴィス・プレスリーの飛行機やジャニス・ジョプリンのベストがオークションに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP