体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

週末は人里離れたキャンプ場で静かに過ごす。それならコンパクトSUVをチョイス!

▲2人でキャンプを楽しむなら道具はミニマム量でも平気ですし、後部座席も荷室として使えるので車は小さくても平気。その分、走破性重視で選びましょう

▲2人でキャンプを楽しむなら道具はミニマム量でも平気ですし、後部座席も荷室として使えるので車は小さくても平気。その分、走破性重視で選びましょう

ファミリーキャンプを卒業したら車選びも変わる

数年前からアウトドアがブームになり、お盆休みやシルバーウイークなどの長期連休は予約を取るのが困難な状況に。普段の週末も人気のキャンプ場は数ヵ月前から予約がいっぱいになっていたりします。

人気があるのは高規格キャンプ場と呼ばれるところ。管理が行き届いていて、トイレは水洗。キャンプサイトにはAC電源なども付いていたりします。さらにレンタル品が充実しているのが特徴で、その気になれば手ぶらでキャンプを楽しむこともできます。

一方で高規格キャンプ場はファミリーや若者グループ、キャンプビギナーなどが多いこともあり、子供の声やグループの笑い声などが響きます。賑やかで楽しいのは何よりですが、「うるさい……」と感じることがあるのも事実。

「今までは子供と一緒だったり数組のファミリーでキャンプを楽しんでいたけれど、子供も大きくなったし、これからは夫婦や気の合う仲間と静かにのんびりと自然の中で過ごしたい」

そんな人たちにオススメしたいのが山間にあるこじんまりとしたキャンプ場です。

高規格キャンプ場と違い「何でも揃っていて便利!」というわけにはいきませんが、これまで何回もファミリーキャンプを経験しているならアウトドアでの生活には慣れているはず。少しくらいの不便は逆に楽しみになるもの。一通りの道具も持っているでしょうから、レンタル品などなくても大丈夫でしょう。

未舗装で道が荒れた場所もある林道はコンパクトSUVがベスト

ファミリーキャンプだと家族がゆったり乗れて、かつたくさんの荷物を積めることが条件に。車は必然的にミニバンが中心になります。キャンプ場はアクセスのいい場所にあるので2WDでもまず困ることはありません。

しかし、子供が親と出かけなくなりご夫婦で静かな場所でキャンプを楽しむ場合、ファミリーキャンプとは車選びの視点が変わってきます。オススメしたいのは小型SUV。本当なら5ナンバーサイズのSUVを推したいのですが、全幅1700mm以下という5ナンバーサイズに収まるSUVは選択肢がかなり限定的に。そこで限りなく5ナンバーサイズに近いものを考えてみました。

▲林道を30分以上を走った先に素敵なキャンプ場が待っていることもあります。悪天候後の林道は木が折れて道にはみ出していたり雨水が川のように流れていることも

▲林道を30分以上を走った先に素敵なキャンプ場が待っていることもあります。悪天候後の林道は木が折れて道にはみ出していたり雨水が川のように流れていることも

山間のキャンプ場がなぜ週末でも静かに過ごせるかというと、高規格キャンプ場に比べてアプローチが大変だからに他なりません。このような場所は高速を降りてから峠道を通り、最後は未舗装の林道に入っていきます。林道は対向車とすれ違うのが困難な細い道も少なくありません(対向車が来たときは途中にある待避所で相手が通り過ぎるのを待ちます)。

このような道は、デコボコしていたり、大きな石が転がっていたりすることもあります。そうなると単に4WDではなく、ある程度最低地上高が確保されたSUVが威力を発揮します。

全幅1735mmで最低地上高も十分確保された2代目フォレスター!

▲2代目フォレスターの生産期間は2002年2月~2007年11月。標準モデルの最低地上高は175mmですが、特別仕様のL.L.Beanエディション(写真)は205mmにまで高められています

▲2代目フォレスターの生産期間は2002年2月~2007年11月。標準モデルの最低地上高は175mmですが、特別仕様のL.L.Beanエディション(写真)は205mmにまで高められています

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。