ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コムアイが助言「自分の魅力は自分では気付かない」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

コムアイが助言「自分の魅力は自分では気付かない」
J-WAVE月曜−木曜深夜1時からの番組「SPARK」(水曜ナビゲーター:水曜日のカンパネラ) 。6月8日オンエアでは「音楽業界に携わる方法は?」「生きがいは?」といった質問に、水曜日のカンパネラ・コムアイが答えました。

今回の放送で10回目を迎えた同番組。コムアイは「まだまだ新米で、自信がありません」と謙遜していましたが、コムアイに聞きたいことがあるというリスナーからさまざまな質問や相談が届いていました。

■音楽に携わるには?
27歳、専業主婦の方からのメールは「どうしても音楽に携わりたい。楽器はできない、楽譜も読めないが、音楽を発信する側に立つことはできるのか」という内容でした。実はコムアイも、「楽器はできないし、楽譜も読めないし、ピッチも合わないし、声量も足りない」(コムアイ、以下同)とのこと。

「自分でもそれはわかってたし、音楽を仕事にするつもりはなかったけど、誘われて始めたんです。『歌ってみますか?』って言われて一度『嫌です』と言ったものの、強引にやらされていくうちに面白くなってきたんです。他人の評価をもらううちに、『これはいいけど、これはダメなんだ』というのもわかってきました。『声が柔らかいですね』って言われたのも水曜日のカンパネラを初めてからだったし、自分の魅力って、自分で気づかないものなんです」

ちなみに、コムアイによると中村七之助さんは、女形をやりたいとは思っていなかったそうです。稽古で坂東玉三郎さんの女形の演技を見てピンときたものがあり、演じていくうちに出演依頼が増えていったとのこと。それで「自分には女形が向いている」と気づいたそうです。「何が向いているかは本当にわからない」とコムアイ。自作の音楽であれば「SPARK BOX」に音源を送ってみるという方法もありますので、みなさんもぜひ。

■コムアイの生きがいは?
23歳の女性からは「生きがいは何ですか?」という質問が届きました。コムアイは、仕事のために恋愛をしているようなところがあり、恋愛をしていると仕事をサボっている気持ちになるそうです。

「2人で見ると綺麗な景色もあって、そういうのはパワーになるけど、それを仕事に活かそうと思うっていうことは、私にとって優先順位は仕事の方が上だって思うんです。といっても、自分がやっていることは仕事っぽくありません。自分がやりたいことをやりたいようにやっています。そのために、やりたくないことは削ったり、人に任せたりして、自分の得意分野に集中できるようにするんです。

労力を使うことは大好きなんですけど、労力を使うときは、絶対に良い作品になるようにと思って作ったり、誰かにこの作品に触れてもらうことで世の中が変わるだろう、という思いを持って、労力を使いたいと思ってます。それ以外はサボりたくなります。愛情をかけずに労力を使うのは本当に嫌い」

とのことでした。特に、一番最後の言葉「愛情をかけずに労力を使うのは本当に嫌い」を、強調して言っていたのが印象的でした。

さて、次週6月15日はスペシャルバージョンでお届け。コムアイによれば、以下3つの“聴きどころ”があるそうですよ!

・VIVA LA ROCK 2016のライブ音源をオンエア
・6月23日発売のニューアルバム「UMA」より新たな音源を解禁、オンエア
・プレゼントあり!

どうぞお聴き逃しなく!

【関連サイト】
「SPARK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

水曜日のカンパネラ、新アルバムは「悪夢」「鬱だった」(2016年06月02日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1695.html

コムアイが考える、本当の友達の作り方(2016年04月28日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1472.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。