ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【奄美大島 旅コラム】 黒糖を使った絶品「島スイーツ」の数々

DATE:
  • ガジェット通信を≫


奄美大島の特産品として知られる「黒糖」は、島内のさまざまなグルメに使われています。特に、黒糖は「身体にいい」ともいわれていて、奄美みやげの定番です。
黒糖のスイーツで代表的なのが、「黒糖かりんとう」。島の北から南までさまざまな会社が製造、販売しています。その中でもおすすめなのが、田原製菓の黒糖かりんとうです。
奄美大島南部に位置する瀬戸内町に、田原製菓の製造拠点があります。直売店も併設されていて、できたてのかりんとうを店頭でも購入できますが、朝から販売してすぐ売り切れてしまうことも多く、もし買いに行くなら必ず午前中に行きましょう。瀬戸内町周辺でしか手に入らないレアな黒糖かりんとう、絶品です。
よもぎを練り込んだ、奄美大島の黒糖で作った真っ黒なお餅が「ふちもち」です。ふちとは、奄美の表現でよもぎのこと。餅は月桃(げっとう)という葉で包まれています。これもさまざまな業者が製造、販売していますが、田原製菓の近くにある「大城もちや」のふちもちがおすすめです。黒糖ならではの味わい、よもぎの爽やかな風味が堪能できます。日持ちもします。

もう1つ、奄美のお餅といえば「舟焼」です。ふにゃやきともいいます。まるでお餅のようなモチモチ食感、黒糖とはったい粉の素朴な味と香りが楽しめます。奄美ならでは、昔ながらのお菓子です。
奄美大島観光物産協会公式サイト のんびり奄美http://www.nonbiriamami.com/
(Written by AS)
【Nicheee!編集部のイチオシ】
【ソウル最新レポ】見た目が強烈なレインボーケーキを食べてみたら・・・
【大分「珍」グルメ】 大分人が誇る郷土スイーツ「やせうま」
ニューヨークで24時間営業! 「カップケーキATM」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP