ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もし子供に戻ったら…「スカートめくり」願望アリ35%

DATE:
  • ガジェット通信を≫


子どものころ、両親や先生にこっぴどく叱られる“イタズラ坊主”だったという人は少なくないだろう。今振り返ると何ともくだらないイタズラばかりだったが、なかには「子どもに戻ってもう一度やってみたい…」なんてものもあるはず。そんなイタズラを、20代の社会人男性200人に調査した。

【もっと大きな画像や図表を見る】

■もう一度やってみたいイタズラTOP10

(18項目から「子どもに戻ったらやりたい」と思うものをすべて回答。R25調べ・協力/アイ・リサーチ)

1位 スカートめくり 35.5%
2位 ピンポンダッシュ 17.5%
3位 エレベーターのボタン全階押し 13.5%
4位 ひざカックン 12.0%
5位 死んだフリして驚かせる 9.5%
6位 イタズラ電話 9.0%
7位 肩を叩き振り向いたら頬に指をさす 9.0%
8位 ドアに黒板消しなど落下物を仕込む 8.5%
8位 暗闇で突然おどかす 8.5%
8位 ブーブークッションで驚かせる 8.5%

女子の悲鳴が聞こえそうな「スカートめくり」が堂々の1位。背後から手でめくるオーソドックスな方法のほかにも、掃除時間にほうきを使って、下校の際に自転車ですれ違いざま…などいろいろバリエーションがあった。2位の「ピンポンダッシュ」も懐かしい。学校の近隣から苦情が寄せられ、犯人が名乗り出るまで下校前の「終わりの会」が終わらない…なんて記憶がよみがえる。それぞれのイタズラを選んだ理由も聞いてみた。

【1位 スカートめくり】
「子どもの特権だから」(26歳)
「今やると犯罪だから」(28歳)
「女子の反応が楽しい」(29歳)
「女の子にもっとちょっかい出したかった」(25歳)

【2位 ピンポンダッシュ】
「走るのがスリリング」(26歳)
「なにも考えず、あのスリル感を味わいたい」(26歳)
「いつつかまって叱られるかというスリル感がたまらない」(28歳)

【3位 エレベーターのボタン全階押し】
「無駄だけど面白い」(27歳)
「地味な嫌がらせ」(28歳)
「エレベーターに乗ってきた人の反応が楽しい」(29歳)

【4位 ひざカックン】
「今じゃこれをできるツレさえいないから」(28歳)
「今でも後ろに立つとやりたくなる」(28歳)
「手軽に誰にでもできそうだから」(24歳)

【5位 死んだフリして驚かせる】
「今だとくだらなさすぎるから」(27歳)「一番驚くだろうから」(27歳)

【6位 イタズラ電話】
「今は携帯電話で着信の番号が表示されるため、やりにくいから」(28歳)

【7位 肩を叩き振り向いたら頬に指をさす】
「あまり危険度が少ない」(25歳)
「引っかかった人の反応が楽しい」(29歳)

【8位 ドアに黒板消しなど落下物を仕込む】
「粉まみれ」(27歳)
「お笑い番組でやるようなことを実際にやって笑いたい」(28歳)

【9位 暗闇で突然おどかす】
「驚き顔が面白い」(27歳)
「やられた人の反応が楽しい」(29歳)

【10位 ブーブークッションで驚かせる】
「愛嬌のあるいたずらだから」(26歳)
「これくらいくだらないことを思いっきりやりたい」(28歳)

イタズラした相手の「反応が楽しい」という意見が目立つ。大人になると、相手がめちゃくちゃ驚いたり、叫んだりすることはほとんどないもんなぁ…。とはいえ、なかには冗談では済まされないものも多数。やはりイタズラは「子どもの特権」である。くれぐれも「童心に返って…」なんてことを言い出さぬよう…。
(藤あまね)
(R25編集部)

もし子供に戻ったら…「スカートめくり」願望アリ35%はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

伝説の「スカートめくりアプリ」復活
梅宮辰夫を使ったいたずらが大人気
警察が悪ふざけ投稿啓発運動始動
童心に返れる「大人の遊び場」8選
「もう一度遊びたい」1位はドッジ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。