体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾版「少女時代」が登場! 歌も衣装そっくり、違うのは胸のサイズだけ?

エンタメ

韓国出身の人気女性グループ「少女時代」のコンセプトをそっくりマネた“台湾版少女時代”が登場し、韓国のインターネット上で物議をかもしている。

15日、動画サイトYouTubeに新曲のミュージックビデオを披露したのは、台湾の女性7人組グループ『Super7(スーパーセブン)』。1年ほどの練習期間を経て結成されたグループで、平均年齢は22歳、全員Cカップ以上というセクシー路線のアイドルという。20日から歌手グループとして本格的に活動を開始した。

ネット上で“台湾版少女時代”と騒がれているだけあり、7人とも美脚のスレンダー美女であることが分かる。だが、韓国のネットユーザーたちは、少女時代とコンセプトが似過ぎていると指摘。ネット上には「少女時代の真似っ子グループ」「明らかなパクリ行為」などとSuper7を非難するコメントが大量に書き込まれている。

確かに、Super7の新曲『麥囉嗦(マイラッシュ)』のミュージックビデオを見ると、少女時代の『Hoot』と曲調も服装もそっくりだ。ただ、少女時代は「全員Cカップ以上」などと胸のサイズはアピールしていないので、異なるのはそこくらいだろうか?

Super7の『マイラッシュ』と少女時代の『Hoot』のミュージックビデオを下に掲載したので、どこがどう違うのか、みんなも見比べてみよう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会