ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビのニュース番組 ネタの選び方とスタンス決定方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎日、放送されるニュース番組。どのニュースをどのように報じるかといった基本的な構成はどのように決まるのか。『ニュースJAPAN』(フジテレビ系)などでキャスター、解説委員を務めた元フジテレビの安倍宏行さんが解説する。

「朝、昼、晩に開かれる編集会議で、その時間までに起きているニュース、そのあと予定されているニュースを整理して共有します。その中から、何を番組で扱うかを決めるのは、各番組の責任者である編集長です。これはフジテレビの場合ですが、民放はみな、どこも同じような流れで決めているはずです」

 どんなニュースがあるのかを編集会議で知らせるのは取材部の役目。取材部は社会部、政治部、経済部、外信部などからなり、東京キー局は、大体どこでも数十名近くの記者がいるという。

「民放の場合、インパクトのある映像の有無が番組作りを大きく左右します。それは新聞とは全く違う。火事の現場の映像が撮れれば、それが小規模な火事でも大きく扱うのはその顕著な例です。

 最近では、舛添東京都知事の問題を連日、報道していますが、あれは“政治とカネ”という重要なテーマであるということだけではなく、彼が定例会見で疑惑についていろいろと話すから。映像があるから、テレビのニュースにしやすいのです」(民放のニュース番組ディレクター)

 もちろん、インパクトのある映像がなくても、増税延期などの大きなニュースがあれば、それがトップで大きく扱われる。だから「ニュース番組はどの局も同じ」という印象を持ちがちだが、トップが番組によって異なることはあるし、2番目以降のトピックスについては、バラバラであることも珍しくない。

 何をどの順で伝えるか、それを決めるのはプログラムディレクターと呼ばれる人の仕事だ。

「スタジオで原稿を読むのか、現場から生中継をするのか。そのニュースにコメンテーターが解説を加えるか。そういったことをすべて決めます。キャスターやコメンテーターの発言内容についても同様です。ですから、放送中にキャスターがどんなことを言うか、編集長やプログラムディレクターが全く知らないということは通常ありえません」(安倍さん)

 このことについて、『NNNきょうの出来事』(日本テレビ系)元キャスターでジャーナリストの櫻井よしこさんはこう語る。

「ニュース番組は、1人で作るものではありません。私はキャスターという立場でしたが、ニュースは、記者が一生懸命かけずり回って情報を取ってくるから伝えられるのです。ですから、時には個人的な思いと違うこともありました。ニュース番組は私の意見番組ではなく、事実を前面に立てて、物事を伝えていこうと努力しました」

 一方、キャスターが自ら方向性まで決めるアンカー制度を取る番組もある。毎日新聞特別編集委員の岸井成格さんはTBS系『NEWS23』のアンカーを務めていた。

「どんなニュースを取り上げるのかも含めて、私がリードしました。膳場(貴子)キャスター、スタッフと考え方、方向性が同じで幸いでした」

 現在、『23』は元朝日新聞特別編集委員の星浩さんがアンカーを務めているが、アンカーが変われば自ずとそのスタンスは変わるわけだ。同じニュース番組でも、作られ方がこれだけ違う。その違いは、扱うニュースの内容によっていっそう際立つ。

 たとえば安保法案に関するニュース。昨年頻繁に報じられたが、そこでは番組の特徴がくっきりと表れていた。

 NHKのOBと市民らによる「放送を語る会」では、自民党と公明党が法案に合意した2015年5月11日から、国会会期末の9月27日までの4か月半の間、NHKの『ニュース7』『ニュースウオッチ9』と、『NEWS ZERO』、『報ステ』、『23』、『みんなのニュース』(フジテレビ系)をモニター調査した。

 この中で、法案に批判的な傾向が見られたのは『報ステ』と『23』だったという。同会運営委員の元NHKディレクター・戸崎賢二さんはこう語る。

「反対だと明言はしませんでしたが、批判的な意見や反対運動を丁寧に伝えていましたし、法案の問題点や欠陥についても厳しく指摘していました。コメンテーターのコメントを通じても、憲法違反の疑いがあるので審議を急ぐべきではないと伝えていました。『報ステ』は憲法学者にアンケートを行い『149人中127人は違憲とし、19人がその疑いを持っている』という結果を大きく報じ、『23』はシリーズ企画『変わりゆく国×安保法制』を40回にわたって放送し、法案の問題点を多角的に伝えようとしていました」

 では、他番組はどうだったか。戸崎さんは「NHKの2番組は政府広報的な傾向を強めていた」と指摘する。

「NHKの報道には、政権側の主張や見解をできるだけ効果的に伝え、政権への批判を招くような事実や、批判の言論、市民の反対運動などは極力報じない、という際立った姿勢がありました。法案解説でも問題点には踏み込まず、内容をなぞることに終始しています。『ニュースウオッチ9』では国会審議を報じる際、必ず安倍首相の答弁で終わるように編集され、その結果、政府答弁の印象が強く残りました」

 報じた内容については議論されても、報じられない内容については議論もされにくい。ましてやその終わり方となると、よほど注意深く見なければ気づかないはずだ。

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
元お天気お姉さん・甲斐まり恵の「アバンチュール」撮り下ろし
情報番組のグルメネタ 他局を見させないための工夫を伝授
逸見政孝氏 田丸美寿々を「20年に一人の逸材」と語っていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP