体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今や伝説となった「500色えんぴつ」に込められた想い

「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。

美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれるだけで、たちまちイマジネーションがふくらみ、未知の世界の扉の向こうへと連れていってもらえるような、ワクワク感と期待感に包まれます。

一見何の脈絡もなさそうな、固有の名称とそこから想起されるイメージが織り成す、唯一無二の世界観。それは今年で創業52年目を迎えた大手通販会社、株式会社フェリシモ(以下:フェリシモ)が1992年に企画販売をスタートさせた、伝説の商品『500色の色えんぴつ』が表現する、色彩の豊かさと美しさです。

ステーショナリーの専門メーカーではないフェリシモから、一体なぜこんなにも魅力的な色えんぴつが誕生したのでしょうか?

ここでは、そんな素朴な疑問の答えと誕生の背景を探るべく、同社の広報、石井さんにお話を伺ってみました。

“500”という数字から
広がるイメージが発想の原点

今や伝説となった「500色えんぴつ」に込められた想い

「500色の色えんぴつは、コロンブスの新大陸発見からちょうど500周年に当たる1992年に、アニバーサルイヤーを記念してできた商品です。でも実は始めから色えんぴつを作ろうと決めていたわけではありませんでした。
“500”という数字に因んだ何か夢のある商品、持っているだけで幸せな気持ちになれたり、こんなのあったら楽しいよね!とワクワクしたり…。そんな想像力を掻き立てられるようなモノを作りたいと。全てはそんな“想い”から始まった商品なんです」

私たちの身近にある色から自然の風景が浮かぶ色、さらに空想のなかで広がってゆくイメージの色まで。世界中にあふれる多種多様な色彩を丸ごと贅沢にパレットに落とし込んだような本商品は、通常メーカーが商品づくりの際に辿るプロセスや、まず商品から入るというモノありきの発想からではなく“500”という数字から広がるイメージや可能性が、色数の豊富さや微妙なグラデーションとなって結実したもの。

それは創業以来ずっとフェリシモが変わらずに大切にし続けてきた「ともにしあわせになるしあわせ」という価値観ともつながり、目の前に商品がずらり並ぶだけで、まるで夢心地の気分にさせられてしまいます。しかし人気の秘密は、商品の魅力だけではありませんでした。

効率重視の発想からは決して生まれない、“待つ”という時間の豊かさ

今や伝説となった「500色えんぴつ」に込められた想い

「この色えんぴつは500本を一度にお届けするものではなく、毎月25本ずつ20ヶ月に分けて購入していただくことで、やっと揃えることのできる商品です。なぜこの方法を?というと、フェリシモは“コレクション”という考え方をずっと大切にしてきたからなんですね。もちろんこの方法が難しく、待ち切れない、じれったいと思われる方もいらっしゃるのかも知れません。でもそこには一度に手に入らないからこそのじっくり集めていくという楽しみや、“待つ”という時間の中にしか生まれない豊かさがあるんです」。

今日注文したらすぐに届く。そんな効率重視のスピーディーな社会のあり方とは逆をゆくこの販売方式は、単に欲しいものを手に入れる喜びだけでなく、待ってでも欲しいと願う気持ちや、そのプロセスも含めて楽しめるような特別感、そして何よりも時間という見えない価値を提供してくれるもの。さらに箱のデザイン性にもこだわることで商品が届いた瞬間、まるで自分へのプレゼントを贈られた気分になれる。そんな夢のあるストーリーを創造できるのも、フェリシモならではの魅力と石井さんはおっしゃいます。

色の名称の由来、そして

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy