体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SUUMO調べ、DIYを一緒にやりたい芸能人、1位は技術・センスともにピカイチのあのパパタレント

生活・趣味
第134回「スーモ何でもランキング」

(株)リクルート住まいカンパニー(東京都千代田区)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMOなんでもランキング」として紹介している。最近、流行りのDIY。テレビでは独身女性タレントやパパタレントが、DIYで部屋をオシャレに変身させていたりもする。そこで今回は、一緒にDIYをしてくれるお父さん、この芸能人だったらうれしい!と思う人は?をテーマに行った調査結果のランキング。

【調査概要】

●実施時期:2016年4月6日~4月7日

●調査対象者:全国の20~59歳までの男性208名・女性208名

●調査方法:インターネット

●有効回答数:416

【調査結果】

Q.一緒にDIYをしてくれるお父さん、この芸能人だったらうれしい!と思う人は?

1位:ヒロミ 19.2%

2位:所ジョージ 17.1%

3位:山口達也(TOKIO)13.7%

4位:山口智充 7.2%

5位:城島茂(TOKIO)6.0%

6位:佐々木健介 4.8%

7位:長瀬智也(TOKIO)4.3%

8位:木梨憲武(とんねるず)3.8%

9位:松岡昌宏(TOKIO)3.6%

10位:つるの剛士 2.9%

第1位はヒロミ。「テレビでリフォームをやっているから。なんでも作れそう」「細かい所まで丁寧に器用にやっているのをテレビで見たので」など、やはりテレビの印象が強いみたい。しかも、「すごく丁寧でオシャレで上手」なのが理由のよう。

2位は所ジョージ。1位のヒロミが技術、センスに長けているのに比べ、所ジョージは「ひょうきんな性格で一緒に楽しく作れそう」「頭ごなしに怒ったりしないで、色々なことを一緒に楽しんでくれそう」など、一緒に作る過程が楽しめそうだという意見が多い。

3位は山口達也(TOKIO)。TOKIOのメンバーは10位までに4人もランクイン。TOKIOはやはり、DASH村での奮闘が影響しているようだ。特に山口達也には宮大工のスキルを求めるコメントが多く見られた。

一方、5位の城島茂は「優しく教えてくれそう」「優しそうだし必死になって頑張ってくれそう」など、人柄で選ばれているようで、メンバーによってキャラの違いが出ていて面白い結果に。

また、4位の山口智充、6位の佐々木健介、10位のつるの剛士は、「マイホームパパのイメージがある」という理由から選ばれているようだ。

もうすぐ父の日。家族で一緒に笑いながら、楽しくDIYをするのもお父さんへの最高のプレゼントかも。今週末は、家族でホームセンターへ遊びに行くのもいいかもしれない。

【主な回答】

●ヒロミ:センスが良いので、安心してまかせられる。(50歳・女性)

●ヒロミ:テレビで芸能人の部屋のリフォーム風景を見た時、細かなところも抜かりなくやっていてすごいと思ったから。(20歳・女性)

●所ジョージ:遊び心があるDIYになって楽しそう。(37歳・男性)

●山口達也(TOKIO):宮大工を習っているので、頑丈なものを作ってくれそう。(40歳・女性)

●山口智充:合間にギャグをかましてくれるから退屈しなさそう。(41歳・男性)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会