体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで宝石の輝き!丼の限界までイクラが盛られた「つっこ飯」とは?

生活・趣味

北海道を訪れたらやっぱり食べたい海鮮丼。多くの飲食店がひしめく札幌・すすきのには、衝撃的すぎる見た目のイクラ丼が食べられる居酒屋があります。

まるで宝石の輝き!丼の限界までイクラが盛られた「つっこ飯」とは?

(C) Nao

すすきの駅から徒歩2分ほどにある「はちきょう」。本店は満席だったので隣にある「別亭おふくろ」にやってきました。

まるで宝石の輝き!丼の限界までイクラが盛られた「つっこ飯」とは?

(C) Nao

はちきょうは道東・羅臼出身の元漁師が営む海鮮料理のお店。店主自らが選び抜いた新鮮魚介を使ったメニューを堪能でき、連日満席が続くほどすすきのでは超人気店の一つのようです。店内は漁師町の活気ある雰囲気が漂います。

はちきょう名物「つっこ飯」とは?

まるで宝石の輝き!丼の限界までイクラが盛られた「つっこ飯」とは?

(C)facebook/海味 はちきょう 本店

「つっこ飯」とはご飯の上に、お客さんがストップと言うまでイクラの醤油漬けをかけ続けてくれるイクラ丼のこと。1店舗あたりのイクラの消費量が世界一で、なんとギネス申請もしているのだそう!

つっこ飯を注文すると、お店側から2つの“お願い事”が

つっこ飯を注文すると、店員さんから2つのお願い事の説明があります。それは・・・

・過酷な労働条件で作業される生産者(漁師・農家さん)のことを考え、食材を大切にすること(イクラ、ご飯ともに1粒残さず食べる)。万が一残した場合は、自然保護や生産者に貢献するための基金に寄付をする。
・年々鮭の捕れる量が減っているため、海や川、湖などに行った際には、ごみの持ち帰り・ごみ拾いに協力する。

もちろん筆者もこのルールに文句なく合意しました。

かけ声とともに盛られる、輝くイクラ

まるで宝石の輝き!丼の限界までイクラが盛られた「つっこ飯」とは?

(C) Ishikawa Jun

まず最初にご飯の入った丼が登場。そして元気いっぱいの店員さんが“おいさー! おいさー! ”という威勢もいい掛け声とともに、イクラを盛り続けてくれるんです。お店の店員さん全員が掛け声をあげてくれるので迫力満点! 圧巻のパフォーマンスも楽しめるつっこ飯。

まるで宝石の輝き!丼の限界までイクラが盛られた「つっこ飯」とは?

(C) Nao

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会