ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「親捨て」論 金美齢氏、小沢遼子氏、呉智英氏ら賛否

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 介護費用や、徘徊による事故の賠償など、老いた親を持つ子供にのしかかるコストとリスクは大きな社会問題となっている。この難題に対し、新著『もう親を捨てるしかない』(幻冬舎新書)で「親を捨てる」という衝撃的な問題提起を行なったのが、宗教学者の島田裕巳氏だ。島田氏の「親捨て」論に、賛否両論の意見が湧き上がった。

「親孝行を否定する主張こそ家族を解体する」と、島田氏に真っ向から反論するのは、評論家の金美齢氏だ。

「『家族という病』のような本がベストセラーになるように、近頃は家族の絆を軽視する風潮がありますが、全くの誤りです。親が子に与える愛情や、親の愛に応える子の恩返しの気持ちは、金銭や労力では測れません。介護システムが限界にきて親を背負いきれない現実には同意しますが、『親捨て』という言葉で解決を図るのは暴論です」

 評論家の小沢遼子氏も「親捨て」の代償は自らに返ってくると指摘する。

「いくら親子でも介護を個人で引き受けるのは無理です。そのため社会で引き受けるという意味で介護保険料が徴収されるようになりましたが、介護の社会化の議論はまったく進まず、介護殺人は起こり続けている。施設に入れたからといって安泰ではなく、そこで給料が安い介護士に突き落とされてしまうかもしれません。

 親を捨てても、孤独死してアパートの一室で腐ったら、結局、社会が後始末をしなければならない状況になる。簡単に捨てるといっても、その捨て方が大きな問題なんです」

 仮に子供が親を捨てても、社会が面倒を見てくれるとしよう。だが、その社会を支えているのは結局は自分たちなのだ。

『ペコロスの母に会いに行く』の著者で、認知症の母を5年間介護して看取った岡野雄一氏は、「親捨て」後の精神面に目を向ける。

「私は介護に悩む人に『プチ親不孝』をすすめています。親を他人に預けて、自分だけ飲みに行ったりする。そんな小さな“親不孝”を定期的にして体も心も親から離れてみれば、介護を長く続けることができます。

 でも、これは『親捨て』とは違います。口から食べられず、会話もできなくなった母から私は多くのものをもらいました。望み通りに親が早く死んでくれて『親捨て』が実現しても、親を見捨ててしまったという割り切れない気持ちが絶対に残るはずです」

 逆に「親と子は離れて暮らすべき」と、島田氏と意見を同じくするのは、評論家の呉智英氏である。

「一緒に暮らして介護するほうが、大きな軋轢があることが多い。経済的余裕がある人は、むしろいいサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)などに入れて時々会いに行くほうが、いい関係が築けることもあるんです。介護殺人なども、同居によって軋轢が蓄積した結果なのではないか。現実問題として、介護が必要な親が死んだ時に『早く死んでくれてよかった』と家族が本音を漏らすことは多いのです」

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
親を捨てる 自分を犠牲にして親の介護する必要あるのか
「親捨て」提案 捨てられる親はとっとと死ぬしかない
男性未婚者の増加で親の面倒みる「息子介護」は推計44万人に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。