ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

消費税5%案 クルーグマン氏や首相ブレーンも支持

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍晋三・首相が消費税10%への引き上げを2019年10月に延期すると発表したが、消費税を巡る論議では、選択肢は「予定通り10%に上げる」か「増税を延期して8%に据え置く」かの2つしかなかった。重要な選択肢が一つ抜けている。それは税率5%に戻すというものだ。

 ノーベル賞経済学者も「消費税は5%に戻したほうがいい」と勧めている。安倍首相は今年3月、伊勢志摩サミットに備えて国際金融経済分析会合を開き、世界のノーベル賞経済学者に話を聞いた。その1人、ポール・クルーグマン米プリンストン大名誉教授は、安倍首相の経済ブレーンの浜田宏一・内閣官房参与(イェール大学名誉教授)との共著でこう指摘している。

〈日本に必要なのは、消費増税ではありません。国民の多くが、「これからは給料も上がるし、物価も上がる。だからいまのうちにもっとおカネを使おう」と思えること。(中略)では、そのために最も効果的で、なおかつ手早い政策は何か。それは、増税した消費税を一時的に減税することです。安倍首相が増税したことは気の迷いだったと一笑に付せばいい。そうして、元の税率に戻すのです〉(『2020年 世界経済の勝者と敗者』)

 たしかに、安倍首相が“増税は日本経済のためにならない”と判断するのであれば、8%に据え置くのは理屈に合わない。

 むしろ、クルーグマン教授の助言通りに、「5%に戻す」と表明すれば、株価も支持率ももっとハネ上がるだろう。なぜ、それをしないのか。

 首相の増税再延期に影響を与えたと見られる経済ブレーンたちを直撃した。クルーグマン氏と共著を著わした浜田氏は、「いま海外におりますので、7月に帰国するまで取材はお断わりしている」との回答だったが、浜田氏とともにアベノミクスの理論的支柱となった経済学者の本田悦朗・内閣官房参与(財務省出身、明治学院大学客員教授)が取材に応じた。

──増税による景気悪化が増税再延期の理由であれば、消費税率を元に戻すのが筋ではないか。

本田「たしかに理論的には8%の税率を5%に戻すのがベストだと思います。しかし、今回の先送りの決断は、大変な政治的過程を経て8%に引き上げた経緯を踏まえ、それでも『賃金が上がるまで待つ』というギリギリの判断です。

 現実としてみれば、いずれは増税の負担を国民にお願いしなければならない状況は変わらないから、もう一度元に戻すのは政治的に合意が得られないと思う」

──何か方法論のアイデアはないのか。

本田「理想論は私にもある。一度税率を5%に戻して、景気が良くなってから、慎重に6%、7%、8%と引き上げ、それでも景気が落ちなければ9%、10%と上げていくのが確実な方法ではあります。消費税率を2%や3%一気に上げるのは経済にダメージを与えるリスクが大きい。本来、消費増税はマイナスの効果を見極めながら1%ずつ上げるべきというのが私の考え方です」

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
消費増税 安倍・海江田の「談合質疑」は国民をバカにしている
消費税率を5%に下げない理由を首相ブレーンが解説
引き上げ延期の消費税 いっそ5%に下げたらどうか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP