ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

潘基文韓国大統領誕生で「反日韓国」「慰安婦問題」が甦る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 まるで来年12月にある韓国大統領選挙の遊説行脚の予行演習のようだった。伊勢志摩サミットでの訪日に合わせて韓国に“凱旋帰国”した潘基文(パンギムン)・国連事務総長は国際シンポジウム出席といった名目で、首都・ソウル、韓国南端の済州島などを巡る約1週間の強行日程をこなし、国連本部のあるニューヨークに戻った。

「潘氏は次期大統領候補の世論調査で2位に10ポイント以上の差をつけてトップ。行く先々で出馬について質問され、『期待されているのはわかっている』といった受け答えで野心を隠しませんでした」(現地メディア関係者)

 問題はその潘氏が国連事務総長という立場にありながら、朴槿恵・大統領以上に反日姿勢を鮮明にしてきたことだ。

「2007年10月には国連本部で開かれた事務総長主催のコンサートで、『東海は韓国の海、独島は韓国の領土』と書かれたビラが撒かれて問題となりました(東海=韓国が主張する日本海の呼称、独島=島根県・竹島の韓国名)」(同前)

 2013年8月には記者会見で、「日本の指導者は正しい歴史認識を持つべき」と発言。折しも20年五輪開催地を決めるIOC総会の直前で、国連事務総長による東京五輪招致の妨害だと話題になった。

“潘大統領”が誕生すれば、慰安婦問題も蒸し返されかねない。昨年12月に日韓両政府は、「元慰安婦を支援する財団に日本政府が10億円を拠出」「ソウルの日本大使館前にある慰安婦像の撤去」などで“最終的かつ不可逆的な解決”とすることに合意した。

 潘氏も当初はこれを「歓迎する」としていたが、今年3月に国連本部で韓国人元慰安婦と面会すると、「(歓迎すると言ったのは)誤解があった」「両国の解決への努力を歓迎したのであり、合意内容を歓迎したのではない」と手のひら返し。

 大統領が代わるたびに「反日」で政権浮揚が図られてきた悲しい歴史を、またも繰り返すつもりなのか。

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
韓国が誇る潘基文国連事務総長 「歴代最悪」の烙印押された
米軍慰安婦で問われる朴槿恵氏の「歴史と向き合わぬ国」発言
潘基文国連事務総長 世界のメディアが無能・無策と酷評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP