ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊本・慈恵病院 地震後も「この取組だけは」とこども食堂開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「こども食堂」をご存じだろうか? 経済的に厳しかったり、1人親で食事の支度がままならなかったりと、さまざまな事情を抱えた子供らに無料、あるいは低価格で食事を提供する場所のこと。育ち盛りの子供に充分な栄養をとってもらうとともに、大人数で食卓を囲む楽しさを知ってもらう狙いもある。また、必ずしも貧困というわけではなく、学習支援の一環としても機能を果たしている。そんな「こども食堂」が熊本に、全国で初めて病院内にオープンした──。

 諸事情のために育てることのできない新生児を、親が匿名で預けられる「赤ちゃんポスト」。日本では唯一、『慈恵病院』(熊本県熊本市)が、「こうのとりのゆりかご」という名前のもと、このシステムを採用している。

 4月16日に発生した熊本地震(本震)の被害は、慈恵病院にも及んだ。停電は一時的だったが、水道とガスがストップ。4月18日には食料の備蓄がなくなり、一時、入院していた患者84名に食事を提供することが困難となった。それだけではない。建物の倒壊が怖いからと、近隣の高齢者らが同病院に避難してきた。その数、100人近くにものぼった。

 大きな余震が続く混乱のなか、それでも、「この取り組みだけは、決して先延ばしできない」──そんな思いのもと、同病院スタッフは一丸となって、「こども食堂」オープンの日を迎えた。

「おにぎりばっかりだったから、お肉久しぶり」「フランクフルトおいしい!」

 青空の下、明るい子供たちの声が病院の駐車場に響いたのは、震災からわずか10日後の4月28日。鹿児島県から届いた100㎏の豚肩ロース肉、滋賀県からは近江牛が届き、BBQが行われた。集まった子供たちは350人以上。

「こんな時だからこそ、立ち上がらないといけないと思ったんです」

 そう話すのは、慈恵病院の蓮田健副院長だ。そもそも「こども食堂」を始めようという声が上がり始めたのは、2012~2013年頃のこと。首都圏を中心に「こども食堂」がオープンし、現在は全国的に「こども食堂」への取り組みが進んでいて、それをとりまとめるネットワークもある。(http://kodomoshokudou-network.com/)

 そんななか同病院で「こども食堂」開設の動きが一気に進んだのは、昨年末、九州で初めての「こども食堂」が福岡でスタートしたのがきっかけだった。

 4月28日のオープン以降も、毎週木曜日の夕方、椅子36脚、8畳の和室がある病院内の職員用食堂に「こども食堂」がオープンしている。第2回はちょうどこどもの日。カレーライスやウインナ、フルーツなど、栄養バランスを考えながらも、子供が好きなメニューがふるまわれた。

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
吉野家・国会議事堂店に行列 議員会館食堂は閑古鳥の明暗
神田うの、安藤美姫、JOYが健康食品会社社長とテープカット
ロッテ免税店銀座店オープンにチェ・ジウとEXOが登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP