ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注文増加中 高齢者に精神的なゆとりをもたらす「減築」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年を重ねるごとに家に居る時間が長くなるのが高齢者だが、楽しくくつろげるはずの家で、ストレスを感じてはいないだろうか。

 総務省の統計によると、高齢者夫婦のみの世帯が占める割合は1983年には4%だったが、2015年には、11%と約3倍に。しかも、その約8割は戸建て住宅住まいだ。

 約20年後には現在55才以上の人の約4割がひとり暮らしになると推計され(※1)、近い将来、高齢者のひとり暮らしは珍しくなくなる。果たして、このまま住み慣れた家に住んでいていいのだろうか。

(※1)国立社会保障・人口問題研究所調べによると、日本の世帯総数は2035年には4956万世帯と予測。世帯主では、同年に75才以上が1174万世帯となり、そのうちひとり暮らしは、466万世帯になる。

「1980~1990年代は、郊外の新築戸建て住宅が人気で、家族が増えるなどの変化に合わせて家を増築するのが主流でした。しかし、10年ほど前から“減築”の要望が増え始め、今では年間受注数8000~9000件のうち、約5%が“減築”を希望されます」

 と、住友不動産の広報担当者は話す。現在、暮らしに関する不満や不安の原因が“家そのもの”にあるなら、減築リフォームを考えたほうがいい。不用品を整理する断捨離や、老いの身支度などが注目される中、老後を快適に暮らすためにも、かなり有効な選択だ。その際、考えてほしいのは、今よりこの先の暮らしだ。

 子供が独立し、夫婦ふたりだけになると、あまりにも広い家は効率的ではなく、防犯面での不安も生まれる。そこで、夫婦の生活スタイルにマッチした住空間にするためのリフォームで、余剰な床面積を減らす“減築”を選択する人が増えている。

「家族みんなで暮らすには狭苦しかった家が、ひとり暮らしとなると広すぎます。それに、広い家は掃除も大変だし、冷暖房費も余計にかかる。ちょっとした段差につまずき、2階に上がるのもおっくうに。これでは、“広くてのびのび暮らす”というより、“広苦しい”空間になってしまいます。だから、“小さな暮らし”を考え、“狭楽しい”家を目指すべきなのです」

 そう話すのは、『「おひとりさま」の家づくり』(新潮新書)などの著者である、建築家の天野彰さん。

「例えば、敷地いっぱいに家を建て、部屋数重視で細かく仕切られている場合、暮らしていくうちに、陽当たりや風通しの悪い北側の部屋は、人が寄りつかなくなるもの。使わないで暮らせるのなら、本来は必要のない部屋。減築すれば、より快適に暮らせます」(天野さん)

 このような家の場合、お手本にしたいのは、狭い間口で中庭のある京都の町屋だ。

「6部屋あった家の1部屋を減築して庭にすることで、すべての部屋の風通しがよくなり、日の光も入って、生活空間も広げることができるんです。“減築”というと、狭くてコンパクトになる半面、余裕がなくなるのでは、と思うかもしれませんが、むしろ精神的なゆとりを生み、快適になりますよ」(天野さん)

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
他人事ではない下流老人 無職高齢者は20年で1500万円の赤字
無縁墓が全国で増加傾向に 過疎化が進む地域では4割の例も
飼い主の孤独死、認知症… 高齢化社会が抱えるペット問題

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP