ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

能年玲奈が「menme」の名前で絵や洋服の即売企画中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 所属事務所との契約トラブルに揺れる能年玲奈(22才)。事の発端は2015年4月、能年が所属事務所に無断で、個人事務所を立ち上げたことだった。その背景には、個人事務所の取締役になる女性演出家・Aさんの影響も大きかったと言われている。

 この6月で事務所との契約は期限切れとなるのだが、事務所側は能年サイドが求めたとおりに給料の大幅アップなどの条件を提示するも、能年サイドは契約打ち切りを望んでいるという。

 一連の騒動について、『週刊女性』(6月7日号)が、《能年玲奈 事実上芸能界を引退へ》と報じると、スポーツ紙やワイドショーも〈能年玲奈独立へ〉〈能年仕事拒否 最悪引退も〉〈能年引退危機〉などと追随した。一方、『週刊文春』(6月9日号)には能年の母親が登場。「引退はしない」と一連の報道に反論し、さらに娘の今後について、「契約満了後の7月に新たな会社を立ち上げるのではないか」と明言した。

 事情を知る芸能関係者はこう話す。

「能年はAさんと新事務所を立ち上げて再スタートの準備をしている。現在の事務所との契約が切れれば、自由に仕事ができるようになると心待ちにしているようです。テレビの連ドラや映画、CMの仕事も舞い込んでくると考えているのではないでしょうか」

 絵や洋服の制作など、能年にはアーティストとしての顔もあるが、この面での活動準備も進んでいるようだ。能年の描いた絵やデザインした服はすでにかなりの点数があるようで、個展や即売会を開く計画が持ち上がっているという。

「その際は『menme』というペンネームを名乗る予定で、サイン入りの試作品はすでにでき上がっています。名前の由来や読み方もわからないのが彼女らしいのですが(苦笑)。あまちゃん以来の熱心なファンがターゲットでしょう」(能年を知る関係者)

 また、ネット通販を主な事業にしている大手電機メーカー子会社がすでに『nounenrena.com』のドメインを取得しており、そのサイトで絵や洋服などグッズの物販を行う準備も進められているようだ。能年サイドの独立準備は万端。だが、順風満帆かというと、そうでもない。

「“あまちゃんの能年”のネームバリューがあれば、小さな舞台やインディーズ作品では引く手あまたでしょう。それでも、テレビや映画などの大手メディアとなると話は別。しばらくはAさんが演出する小さな舞台に出演するか、ユーチューブで活動をするぐらいしかできないかもしれません。演技をしたい彼女にとってテレビに出られないというのは大きな痛手でしょう」(前出・芸能関係者)

 テレビ局関係者は意外な「足かせ」を指摘する。

「『週刊文春』の記事の中で、能年サイドが“Aさんの影響で能年は親の言うことも聞かない”と報じたフジテレビをBPO(放送倫理・番組向上機構)に提訴する可能性があると書いています。テレビ局にとってBPOは鬼門です。これでフジテレビはドラマなどで能年さんを使いにくくなった。他のテレビ局も敬遠したくなったことは間違いありません」

 さらに不安なのは、事務所との「法廷闘争」だ。

「事務所は仕事がない間にも、給料や家賃を支払ってきました。それは“所属事務所で仕事を受ける”ことを前提に支払われたもの。独立後、もし契約違反などで能年が提訴されると、客観的に見ても能年サイドは不利ですね」(前出・テレビ局関係者)

 それでも、前出の芸能関係者は、能年の意外なしたたかさが独立後に効いてくるのではないかとこう話す。

「彼女は天然に見えるけど、独立に向けて強い意志で進んでいるし、しっかり計算ができる子だと思う。小泉今日子さんに直接電話して舞台に行き、楽屋を訪ねてお礼を言って一緒に撮った写真をブログにアップするのもそう。独立後、そういう人間関係がどういう意味を持つか、わかっているんじゃないでしょうか」

 こじれた問題の着地点はどこになるのか。能年の所属事務所は、「契約更新に向けて協議中です」と言う。

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
芸能界引退危機の能年玲奈 「menme」の名で個展計画進行
能年玲奈 渡辺えりのコンサート後にサングラスで記者をまく
能年玲奈 渡辺えりライブ鑑賞後に炒飯と半ラーメンをペロリ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP