体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?

産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?

これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画です。鮮度へのこだわりを追求した結果、行き着くとこまで行っちゃった。青果売り場のチャレンジ、お見事!

産地から食卓へ。
その中間に「菜園」アリ

「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?

リオデジャネイロのスーパー「Zona Sul」が始めた新鮮野菜のユニークな販売方法が、国内外で大きな話題を呼んでいます。理由は、顧客の求める地元で採れた、新鮮で、環境にやさしい野菜を提供する方法として、ある画期的な陳列スタイルを実現したから。

鮮度を消費者に実感してもらうこれ以上ない方法、と言えばもう一つしかありませんよね。そう、スーパーの青果コーナーに「畑」をつくっちゃったのです。
「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?

といっても、農夫が耕す畑を実際に併設する規模感ではありません。あくまでプランターレベルであることだけは、先に理っておきます。

名付けて「フレッシュガーデン」、でもその名に恥じぬクオリティは見ているだけでちょっとワクワクしてくるはず。

手を土で汚して
収穫する楽しみも

「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?

お客の目の止まる高さに巨大プランターを用意し、畑の土を盛って野菜を植え付け、畑そのままの小さな菜園を再現したのです。

レタス、バジル、チャイブ、クレソン……日々、契約農家から直送された鮮度抜群の野菜たちが、店内のプランターでもう一度土に戻る。
「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?
「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?

お客は土に植わった野菜から、好きなものを自分で収穫する要領で袋に詰めていきます。もちろん、掘り出す手を真っ黒にして。
「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?

でも、とっても楽しそう。
「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?
「野菜の鮮度」にこだわったスーパーの秘策。売り場に「畑」をつくっちゃえ!?

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。