ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動くロボット型HDモニターカメラ「Smart Droid」が登場!スマホで遠隔操作が可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“監視カメラ”というとセキュリティのために一部の家庭が用いるイメージがあるが、子どもやペット、高齢者を見守る“モニターカメラ”というと、一気に身近な感じがしないだろうか。

・スマホから遠隔操作可能な“ロボット型HDモニターカメラ”

Vewnetが開発している「Smart Droid」は“ロボット型HDモニターカメラ”。スマートフォンを使って、離れた場所にいても自宅内の様子を画面で見たり、音声を聞いたりできるだけでなく、その名の通りスマートフォンで操作して、カメラロボットを動かすことまで可能なのだ。

つまり、世界のどこにいても、スマートフォンやタブレットを使って遠隔操作ができてしまう。

留守番をしている子どもや、飼っているペットの様子が見たい……なんてときには、離れた場所にいたとしても、ロボットを動かし、居場所を探して様子を確認することができる。

・アラートが送られるので、リアルタイムでキャッチできる

車輪付きの本体は、見た目もコロンとした形状をしていてなんだか可愛らしい。内部にはカメラ、マイク、スピーカーが搭載されていて、カメラが捉えている映像をリアルタイムで閲覧したり、同時に現場の音声を捉えることも可能だ。

また、“モーション感知モード”にも切り替えられるので、不意に現れるペットの姿をキャッチするのにピッタリ。感知した情報はユーザーにアラートが送られるので、リアルタイムでフォローすることができる。

・待機状態でバッテリーの浪費を防ぐ

動くものがない状態のときには待機状態になり、液晶画面が“時計モード”に変化。これにより、バッテリーの浪費を防ぐ。

全体的なスペックは以下。カメラは1080p HD、30フレームレート(fps)、モーションセンサーを搭載。LEDは12000ミリカンデラ。ラバータイヤは室内のフローリングやカーペットを走行するのに適している。

再充電可能な1200mahのリチウムバッテリーで動作し、専用のワイヤレスチャージングドックで充電をおこなう。専用アプリはAndroid、iOSの両方に対応している。

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中。

Smart Droid

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP