ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia XのNFCアンテナは背面ではなく前面に搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile の 2016 年スマートフォン「Xperia X」の NFC が、一般的な背面ではなく、前面に搭載されていることが分かりました。大抵のスマートフォンでは、NFC のアンテナは背面に搭載されており、2 台の端末を背面を合わせると情報をシェアしたり、おサイフケータイを利用することができます。しかし、Xperia X では、画面の左上にアンテアが搭載されており、そこには NFC マークのシールも貼られています。情報をシェアする場合には次のように背面と前面を近づけます。筐体のデザインは Xperia Z シリーズから大して変わっていないのに、なぜ使いにくいところに移動させたのでしょうか。これだと、別の端末を近づけるたびに画面にスマートフォンが接触し、キズの心配が出てきます。ガラスフィルムは必須のようです。

■関連記事
OneBox、スマートフォンでも予約できる犬の出張トリミングサービス「OneBox」を開始、まずは関東の一部が対応
Sony Mobile、Xperia Xに「34.0.A.1.277」へのアップデートを配信中
NTT東日本、インターネット初心者がAndroidタブレットを直感的に利用できるようにする法人向けのプラットフォームサービス「かんたんタブレットサービス」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP