体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当はなりたくない…女性管理職になることを期待されたら、どうすべき?【シゴト悩み相談室】

キャリアの構築過程においては体力的にもメンタル的にもタフな場面が多く、悩みや不安を一人で抱えてしまう人も多いようです。そんな若手ビジネスパーソンのお悩み相談を、人事歴20年、心理学にも明るい曽和利光さんが、温かくも厳しく受け止めます!

f:id:itorikoitoriko:20160607195736j:plain

曽和利光さん

株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャー等を経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。

CASE9:「女性管理職になることを期待され、しり込みしています」(28歳女性)

<相談内容>

入社5年目、28歳の営業職です。最近、周りから女性管理職へのステップアップを期待され、悩んでいます。

マネジメントに関する社外の研修を勧められたり、女性管理職として活躍している先輩と「女性のキャリアパス」に関する研修の企画を任されたり。上司からも何かにつけて「お前は管理職に向いている」と言われます。まだ辞令が下りたわけではありませんが、その日が迫っていると感じます。でも、できれば逃げたいんです。

確かに、営業成績はいいほうですし、新人や後輩の面倒見もいいほうだと思います。ただ、管理職になると部下と上司との間に挟まれてストレスが多そうですし、役職手当のみで残業代がつかなくなるというのも懸念材料。仕事面でも、現場でお客様と相対しているのが楽しいので部下の面倒ばかりに時間を割かれたくないし…正直、管理職という仕事に魅力を感じることができません。

ただ、将来結婚、出産しても、ずっと働き続けたいとは思っています。今後のキャリアのこと考えると、やはり管理職になったほうがいいのでしょうか?(広告会社・営業・28歳)

f:id:itorikoitoriko:20160607195737j:plain

不安は恐れるに足らず。チャンスは素直に受け入れるべし!

結論から言えば、上司の言葉を素直に受け止め、しり込みなどせず、安心して管理職に就いてください。これに尽きます。

管理職になりたくない理由として、仕事面や手当面などいくつかの理由が挙げられていますが、管理職は素晴らしい仕事だし、特に女性にとってはメリットが多いと思います。そもそも「管理職に向いている」なんて、めったに言われることではありませんよ。せっかくのチャンスなのですからぜひチャレンジしてほしいですね。

言いたいことは以上、なのですが…これだけだと納得されないと思うので、理由をいくつかご説明します。

管理職の仕事に対して「忙しそう、ややこしそう」というイメージを持っているようですが、メンバーよりも管理職のほうが時間の融通が利きます。

メンバーは「管理される側」ですから、会社や上司の指示通りに動かねばならない場面も多く、時間の融通が利きづらい立場ですが、管理職は逆。自身の裁量で、組織やメンバーを動かすことができます。従って、今よりずっと仕事は自由になり、ワークライフバランスも取りやすくなるはずです。

社内異動はもちろん、転職においても有利に働く

f:id:itorikoitoriko:20160607195738j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。