ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画あり】日常にVRが溢れた未来の世界「HYPER-REALITY」がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、刺激的で少し危うい“新感覚の未来”を描いたコンセプト動画です。

ラストに待ち受けるのは、
私たちへの警鐘!?

3Dゲームに夢中な様子から映像がスタート。とはいえコレ、バスの中なんです。

次の停留所も一目瞭然。目的地に行くには「ここで降りてね」と教えてくれます。

街中にもこれだけの情報が氾濫しています。かなりの情報処理能力が必要とされそう。

スーパーにやってきました。手元に「ショッピングリスト」が表示されていますね。

手に取った商品のパッケージも3D。

再び街へ。歩いていると…、

向こうから怪しい影が。

そのまま手を刺され出血…、しかしコレ、仮想の世界で起きたわけではなく、現実に起きた事件だったのです──。

VRが浸透し、バーチャルとリアルが密接に絡みあった未来には、驚くべき可能性が待っている。と同時にリスクだって決して忘れちゃいけない。『HYPER-REALITY』は私たちにそんな警鐘を鳴らす映像だと話題になっています。

Licensed material used with permission by Keiichi Matsuda

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP