ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和紙がクラッチバッグやトートバッグに変身!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。6月6日(月)のオンエアでは、和紙の専門店「WACCA」から誕生したファブリック・ブランドを紹介しました。

和紙と現代のライフスタイルを追求する「WACCA」は、新たな挑戦として全国各地から和紙を取り寄せ、和紙の魅力をモダンな形でプレゼンテーションするファブリック・ブランド「SUUQ」を誕生させました。

和紙専門店「WACCA」のラインナップは、色使いから絵柄までどれもがモダンで北欧デザインを連想させるようなものばかり。メッセージカードや便せんといったステーショナリーなどもそろっています。

和紙の特徴について「WACCA」の方にうかがったところ、「千年以上も前の紙が今も残っているほど、丈夫で長持ちです。軽さもあって、同じ厚さであっても和紙はかなり軽いです。しかも、漉き直すこともできるので、究極のリサイクルともいえます」とのこと。

新たに誕生した「SUUQ」の商品は、和紙をラミネート加工することによって、防水性と磨耗性をクリアした素材。クラッチバックやブックカバー、トートバックなどのモニター販売を行いましたが、あっという間に完売してしまったそうです。

実際に商品を手にした岡田は「とてもモダンで素敵。和紙と言われなければ、和紙でできているとわかりません。それでいて和紙本来がもつ繊細な美しさが活きています」と感心していました。

2カ月ほど使用すると素材の風合いが変わってくるとのことで、風合いの変化も楽しめるそう。既に反響が大きく、本格的な販売は2016年の秋をめざしているそうです。気になる方は「WACCA」のサイトを覗いてみてください。また、毎週金曜日には、品川区にあるショールームをショップとして解放しています♪

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

着物スタイリストに聞く 浴衣でやってしまいがちな間違い(2015年06月29日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2015/06/post-1063.html

繊維から独自開発「土に還るデニム」発売(2015年09月30日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2015/09/post-1146.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。