ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

透明雑誌×Hello Hawkスプリットツアーカセットをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年注目の新世代日本人アーティスト、海外インディーアーティスト総勢16組をコンパイルしたコンピレーションCD『Rhyming Slang Tour Van』を3月にP-VINE RECORDSからリリースした〈Rhyming Slang〉が台湾のオルタナ・バンド透明雑誌の全面サポートにより、初の海外公演を今年9月に台湾にて行うことが決定した。

同時に透明雑誌とHello Hawkのスプリットツアーカセットをリリース、7月からは台湾ツアー費用のサポートを目的とするクラウドファンディングを予定している。

9月23日に台湾・台北市にて行われるのは、台湾のインディー・シーンを牽引しつつ、孤高の存在感を放つ透明雑誌の張盛文(チャン・シェンウォン)と唐世杰(タン・スージェイ)主宰のオーガナイズ/ プロモーションユニットMuchu PicchuとRhyming Slangの合同企画〈Muchu Picchu×Rhyming Slang〉。出演は台湾より、主宰である透明雑誌(Touming Magazine)と、POP!POP!FEST/Airhead Records主宰のYu率いるオルタナバンドMidnight Ping Pong。日本からはHello Hawk、東京インディー筆頭3ピースガールズバンドSaToAが初の台湾でのライヴとして参加する。

〈Rhyming Slang〉はイベント/リリースコンセプトとして、国内外のボーダーレスな音楽カルチャーを独自の視点で発信していく事を目指しており、待望の海外初企画となる。昨年秋より自主企画出演の来日アーティストと日本のインディーバンドとのスプリットによるツアーカセットのリリースを開始、自費で来日ツアーを組んでいる海外アーティストのサポートを目的としており、それに賛同してくれる日本のアーティストとともにDIYで2作品を制作してきた。今回はその第3弾となるツアースプリットカセットを透明雑誌/Hello Hawkの2バンドでリリース予定。現地会場にて販売開始となる。

本作品は台湾限定ヴァージョンと通常ヴァージョンでのリリースとなり、ジャケットデザインは、VIDEOTAPEMUSICやDOGS ON ACID来日ツアーのコマーシャルビジュアル等を担当したSports MILKによるもの。透明雑誌は2016年最新デモである「茄子」、Hello Hawkは新曲である「いったりきたり」でスプリットに参加。ファンとしては絶対入手に入れておきたい音源2曲をコンパイルしたカセットとなる。

同時にSaToAも完全自主制作による台湾ツアーCDRをリリースすることが決定している。『Rhyming Slang Tour Van』にも参加している名曲「ためいき」、初期にライブ会場で配布していたCDRに収録されていたデモヴァージョンの「Trees」と「Sprout」のレア音源2曲、未発表新曲(タイトル未定)の計4曲で構成されており、台湾ライヴ会場のみで販売される。

また、7月から8月にかけて本ツアーの活動資金を目的としたクラウドファンディングを予定しており、リターンとして、前述のRhyimg SlangツアーカセットとSaToAのツアーCDRの2タイトルを中心として、台湾限定のツアーグッズ(Tシャツ・トート・バッヂ)のセットを提供することとなっている。

・透明雑誌の作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/56822
・Hello Hawkの作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/51039

透明雑誌 / Hello Hawk『Rhyming Slang Tour Cassette vol.3』
2016年9月23日(台湾限定版先行販売・一般販売9月後半予定)
[cassette tape] RS-004
Price:700+Tax
Tracklist:
Side A 茄子/透明雑誌
Side AA いったりきたり/Hello Hawk

“茄子”透明雑誌

https://www.youtube.com/watch?v=gUTw-0vQfos

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP