体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

甲斐バンドが気高くもストイックな活動スタンスの末に辿り着いた名作『虜 –TORIKO』

エンタメ

ここに来て甲斐よしひろの動きが活発だ。「フォークをしっかりやる」というテーマのもと、昨年に引き続いてアコースティック編成でのツアーを決行。アコギ、ウッドベース、フィドルという編成で5月から6月にかけて東名阪を回り終えた。そして、ツアー大成功の余韻も冷めやらぬ中、今度は音源がリリースされる。甲斐バンドと甲斐よしひろのアルバムと映像作品がパッケージされた『THE NEW YORK BOX』である。米国・ニューヨークで制作された甲斐バンドのアルバム『虜 –TORIKO』『GOLD』『ラヴ・マイナス・ゼロ』の俗に言う“ニューヨーク3部作”の他、バンド名義、ソロ名義のアルバム3作品とボーナスCD、さらには1990年にVHSとLDで発売されたライヴ映像『Night Tripper A・G・LIVE・AT・THE APOLLO』のDVDを加えた豪華ボックスセット。もちろん、本人完全監修な上、“ニューヨーク3部作”はマスタリングし直しているというからファン垂涎のアイテムとなろう。6月29日のリリースに先駆けて、本コラムでも甲斐バンドを取り上げてみたいと思う。
甲斐バンド『虜 –TORIKO』のジャケット写真 (okmusic UP's)

“孤高”を感じさせるアーティスト
いささか私的すぎる見解であることを承知で述べるが、甲斐よしひろほど“孤高”という言葉が似合うアーティストはいないのではないかと思う。氏が何者にも組しないということではない。93年4月、福岡ドームのこけら落とし公演である『ドリームライブ in 福岡ドーム』では、井上陽水、財津和夫、武田鉄矢と並ぶ福岡出身のビッグ4のひとりとして出演。また、09年7月には『ap bank fes ’09』において桜井和寿、Bank Bandと共演し、「漂泊者(アウトロー)」「翼あるもの」「破れたハートを売り物に」「HERO(ヒーローになる時、それは今)」を演奏しており、単独公演だけにこだわる人でないことは分かる。音源においてもそうで、97年には作詞にCHAGE、森雪之丞、GAKU-MC、作曲に後藤次利らを招いたコラボレーションアルバム『PARTNER』を発表している。さらには氏のプロデビュー30周年を記念して制作されたトリビュート・アルバム『甲斐バンド&甲斐よしひろ グレイト・トリビュート・コレクション グッド・フェローズ』(04年発表)には、DA PUMPやキンモクセイ、ハウンドドッグらが参加しており、フォロワーも少なくはない。
では、何故、甲斐よしひろに“孤高”を感じるのか? 孤高とは[個人の社会生活におけるひとつの態度を表し、ある種の信念や美学に基づいて、集団に属さず他者と離れることで必要以上の苦労を1人で負うような人の中長期的な行動とその様態の全般を指す]という意味である([]はWikipediaより引用。以下も同じ)。孤独うんぬんではなく、その[ある種の信念や美学に基づいて]の箇所が甲斐よしひろというアーティストに相応しい形容のように思えるのだ。[私利私欲を求めず他者と妥協することなく「名誉」や「誇り」といったものを重視する姿勢から、周囲が「気高さ」を感じるような良い意味での形容に用いられる]とも孤高の意味は綴られているが、まさしく、その“気高さ”を感じさせるアーティストではある。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会