ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶対に「液だれしない」醤油差しがあった!(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

決して、とんでもない“ダメージ”をくらうわけではありません。が、地味にテンションが下がる「液だれ」。テーブルは汚れるし、なんだか次に使う人に対しても申し訳ない気持ちになりますよね。

でも、この映像の…

頭の15秒だけ、見てください。

こ、これはスゴイ!垂れてしまいそうなところでなんとか踏ん張り、注ぎ口に戻る様子が見て取れます。

これは、江戸時代創業の石塚硝子グループ・アデリア株式会社とTHEのコラボレーションにより、 青森伝統工芸品「津軽びいどろ」の伝統的技法を持った指定工場で製造した「THE 醤油差し」。注ぎ口を一から設計し、何度も試作を繰り返すことで、上部にくちばしがないにもかかわらず、気持ちイイ“醤油切れ”の良さを実現しました。

しかも、特徴は「液だれしない」だけじゃない

他にも嬉しい3つの特徴が。

①素材
パーツはすべて、ガラスの中でも特に透明度の高い「クリスタルガラス」を使用。プラスチックと嵌合させるためのねじ込みが不要になり、より衛生的で、見た目もスッキリ。

②容量
醤油をおいしく保つには、鮮度が重要です。 ただし、食の選択肢が増えた現代においては、醤油を使う頻度は以前より少なくなったのも事実。そこで、実容量を鮮度が落ちないうちに使い切れる80mlに設定しています。

③サイズ感
胴体にくびれがある持ちやすい形状はそのままに、高さ113mmと全体的に少し小ぶりに。底を厚めにした倒れにくい構造。

透明感ある美しい仕上がりは、洋食器・和食器はもちろん、どんな料理と並んでも馴染むはず。醤油だけでなく、オリーブオイルやソース、お酢などを入れてもイイでしょう。

価格は3,780円(税込)。醤油差しとしては少し高額な部類に入るかと思いますが、それだけの価値はありそうです。購入はコチラから。

Licensed material used with permission by THE Co. Ltd.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP