ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホテルの部屋を分単位で借りられるアプリ「Recharge」、サンフランシスコで展開中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネットでホテルの空室を検索して予約できるサービスはさまざまなタイプが展開されている。

高級ホテルやリゾートに限定したもの、直前予約専門のものなど。そしてこのほど米国サンフランシスコで始まったばかりの「Recharge」はこれまでにないアプローチ。なんと、ホテルの部屋を分単位で借りられるというものだ。

・アプリでワンタップ予約!

走行距離に基づくタクシー運賃のように、Rechargeはホテルに滞在した時間分だけを支払えばいいという仕組みで、「今すぐ、短時間利用したい」という人向けのサービス。

アプリを立ち上げると、マップに利用可能なホテルが表示される。ユーザーは利用したいホテルを選び、現在地からの距離やレートなどを確認して予約ボタンをタップするとフロントデスクで鍵を受け取れるようになる。

・1分あたり67セント

どんな利用を想定しているかというと、例えば大事な会合の前にシャワーを浴びてスッキリしたい、静かな場所で短時間、横になって休みたいというケースなど。

料金設定は、1時間40ドル(1分あたり67セント)。好きなだけ滞在でき、使用を終える時はアプリのチェックアウト時刻をタップすれば、使用時間に基づいて分単位で計算され、登録したクレジットカードに課金されるという流れになる。

大型ホテルチェーンのスターウッドやハイアットと提携していて、高クォリティーな部屋を提供するのも売りだ。

Rechargeはこのほど230万ドル(約2億5000万円)もの資金を調達し、今後は展開エリアの拡大を目指す。「ホテルでちょっとひと休み」の需要は、米国に限らず世界中にありそうだ。

Recharge

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP