ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

能年玲奈が事務所側の好待遇条件蹴って独立か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 引退か、再ブレークか──NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年4月~9月)で人気女優となった能年玲奈(22才)。その周辺がにわかに騒がしい。

「能年はあまちゃん以降、いくつかの映画やCMに出演しましたが、徐々に姿を見る機会が減り、今年1月、『かんぽ生命』のCMが終了すると、彼女の活動はブログでしか見られなくなりました。ところが、この6月末に所属事務所との契約が切れると、そんな状況が大きく変わるのではないかといわれているのです」(芸能関係者)

 能年と所属事務所のトラブルが初めて報じられたのは、2015年4月、能年が個人事務所を設立したときだ。所属事務所に無断で設立したことはルール違反の疑いがあり、「独立騒動」がふってわいた。

「さかのぼれば、2013年のあまちゃん収録の途中から能年は仕事に対する不満を口にするようになりました。能年に演技指導を行っていて、後に個人事務所の取締役にもなる女性演出家Aさんの存在が大きかったようです」(前出・芸能関係者)

 ちょうどその頃、水面下で人気コミック『進撃の巨人』の映画化の話が持ち上がり、キャスティングが進んでいた。

「能年は“進撃”の大ファンでどうしても作品に出演したかった。そこでAさんが能年を監督に引き合わせたそうです。でも、映画業界では事務所の頭越しの出演交渉はタブー。だから出演は白紙になったのですが、そのことを能年は“事務所が断った”と思い込んで不満を抱いたようです」(前出・芸能関係者)

『あまちゃん』の放送終了の頃には能年と事務所の関係はすっかりこじれてしまっていたようだ。

「2013年末にあまちゃんチームで紅白歌合戦に出場したのですが、能年は“北島三郎さんと和田アキ子さんに挨拶したい”と言い出したそうなんです。2人は若手女優がフラッと会いに行けるような人ではない。あまちゃんのヒットで“天狗”になっていたのでしょうけど、もともとはそんなことを言う子じゃなかったんですが…。あまちゃん前に出演が決まっていた映画『ホットロード』でも、不良役やヤンキー役は世間が抱く“天野アキ”のイメージとは違うと出演を渋り、キスシーンも“疑似”でした」(前出・芸能関係者)

 能年は「事務所を辞めたい」と言うようになったという。役柄や共演者を選ぶようになり、たびたび事務所と衝突。そのため、事務所もオファーを受けづらくなっていったという。

「それでも再スタートを切ってほしいという思いが強かったからか、事務所は映画『ちはやふる』やドラマ『重版出来!』(TBS系)の主役を能年でほぼ決めていたんです。それを知っていたかどうかわかりませんが、能年とのコミュニケーションは弁護士を通してしかできなくなり、また個人事務所の無断の立ち上げもあったので、うまくいかずに流れてしまったそうです。事務所と折り合いさえついていればピッタリのいい仕事だったのに…残念です」(テレビ局関係者)

 そんな状況で差し迫るのが、この6月末の契約期限切れだ。

「事務所側は、能年側が求めた通りに給料を従来の倍以上に大幅アップすることを認め、能年ともう一度しっかり仕事がしたいという意向を見せていますが、“契約を打ち切りたい”という能年サイドの意志は非常に固いそうです」(前出・芸能関係者)

『週刊女性』(6月7日号)はその契約打ち切りを、《能年玲奈 事実上芸能界を引退へ》と報じた。スポーツ紙やワイドショーも〈能年玲奈独立へ〉〈能年仕事拒否 最悪引退も〉〈能年引退危機〉などと追随した。

 一方、『週刊文春』(6月9日号)には能年の母親が登場。「引退はしない」と一連の報道に反論し、さらに娘の今後について、「契約満了後の7月に新たな会社を立ち上げるのではないか」と明言した。7.1独立──能年はどんな青写真を描いているのか。

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
芸能界引退危機の能年玲奈 「menme」の名で個展計画進行
能年玲奈 自ら代表となり「唯一の親友」と会社設立していた
『笑点』噂の真相 三平採用はコネ?昇太が独身の理由は?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。