ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

意外と身近なADHDってどんな病気なの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、片付けられない人や大人の発達障害として注目されているADHD(注意欠陥多動性障害)。健康に見える大人にもADHDの悩みを抱えている人は意外といるのだそうです。今回はADHDの特徴や関わり方について紹介します。

気付かないまま大人になることもある

ADHDは注意欠陥多動性障害の頭文字を取った略です。ほとんどは産まれたときから持っている先天性の病気で、その原因はまだ明確にされていません。発達障害は大きく分けて「学習障害」「注意欠陥・多動性障害」「広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)」の3つがあり、ADHDはそのひとつです。子供のころから何らかの症状があるものの、単に「だらしない子」「ちょっとボーっとしている子」という見られかたのまま大人になったり、親が細かく口を出したり身の回りの世話をすることで本人が気付かないまま成長してしまうこともあります。

大人のADHDの特徴とは

子供のころにADHDだとわからずに大人になったり、治療や対策を行わないまま大人になった場合、仕事ができなかったり、周りとうまくコミュニケーションが取れないことを自分の責任だと悩むことがあります。ADHDの大きな特徴として以下のものがあげられます。

○不注意

人の話を聞けないため意思疎通がうまくいかない、言われたとおりにできない、要点を理解できないといったことが起こります。これは話の途中で別のことに注意が向いたり、別のことを考えてしまうため。このため、言われた仕事ができない、ケアレスミスが多い、約束を守れないといった症状があります。また、物事を順序立てて考えたり行うことが苦手なので、片付けができない、時間管理やお金の管理が苦手といった症状も。片付けができないため、物を失くしたり忘れ物をすることが多いといった特徴もあります。

○衝動性

思いついたことを心にとめておいたり、状況を見て我慢することが苦手です。たとえば、誰かが話している最中に自分のことを話し出す、周りの空気を読まずに発言したり喋り続ける、後先考えずに衝動買いをしてしまうといった症状があります。

○多動性

子供のころよりも動きが目立ってしまうため、注意されて気をつけている人もいますが、それでも貧乏ゆすりや鼻歌、そわそわしたり、指をいつも動かしているなど目的のない動きが多いのもADHDの特徴です。

これらの症状は、本人が努力して治るものではありません。自分と周りがADHDを理解し、うまく関われるように対処していくことが大切です。精神科や神経科では、ADHDと共に生きていく方法を教えてくれたり、相談にも乗ってくれるので一人で悩まずに受診してみると良いでしょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP