ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】強敵を破りドレイクが5週目の首位を死守、フルームが8位に初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ラッパー、ドレイクの4thアルバム『ヴューズ』が、5週目の首位を死守した、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 レディオヘッド、メーガン・トレイナー、そして先週はアリアナ・グランデをおさえて首位を死守した、ドレイクの『ヴューズ』。これだけの強豪が新作をリリースしていながら、No.1を獲得できなかったことで、ドレイクというアーティストが、今全米でいかに支持されているかを物語っている。今週は、先行シングル「ワン・ダンス」も4週目の首位をマークし、アルバムの売上に繋げた。

 15万枚の週間セールスを突破した、『ヴューズ』には届かなかったが、初動枚数10万枚を突破して2位に登場したのは、カントリー・シンガーのダークス・ベントリー。

 2001年に、アルバム『ドント・リーヴ・ミー・イン・ラヴ』でデビューし、コンスタントにアルバムをリリースしてきたダークス。本作『ブラック』は、およそ2年ぶりとなる、通算8枚目のスタジオ・アルバムで、カントリー・チャートでは3作連続の首位を獲得した。2009年にリリースした、4thアルバム『フィール・ザット・ファイア』で獲得した3位が最高位だったが、本作で自身の最高位記録をひとつ更新した。

 4位に初登場したのは、ガールズ・グループ、フィフス・ハーモニーの2ndアルバム『7/27』。デビュー作『リフレクション』で獲得した最高位5位を上回り、自己最高記録を更新。本作からの先行シングル「ワーク・フロム・ホーム」も、ソング・チャートで同4位をマークし、アルバムのヒットに繋げている。全英(UK)、スウェーデンでは6位、ノルウェーでは7位、アイルランドでは5位に初登場を果たし、全世界でブレイクを果たしている。ガールズ・グループのアルバムでは、2001年にリリースされた、デスティニーズ・チャイルドの3rdアルバム『サバイバー』以来、No.1を獲得したグループがいないため、彼女たちの今後の活躍には期待したいところである。

 8位には、昨年【FUJI ROCK FESTIVAL ’15】に参加した、オーストラリア出身のエレクトロニック・アーティスト、フルームの2ndアルバム『スキン』が初登場。本国オーストラリアでは2作連続の首位デビューを果たし、ニュージーランドでは、初のNo.1をマーク、アメリカでも初のTOP10入りを果たした。アルバムには、昨年大ブレイクした女性シンガー、トーヴ・ローや、【グラミー賞】受賞シンガーのベック、スウェーデンの人気バンド、リトル・ドラゴン等が参加している。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、8日22時以降となります。

◎【Hot200】トップ10
1位『ヴューズ』ドレイク
2位『ブラック』ダークス・ベントリー
3位『レモネード』ビヨンセ
4位『7/27』フィフス・ハーモニー
5位『イフ・アイム・オネスト』ブレイク・シェルトン
6位『デンジャラス・ウーマン』アリアナ・グランデ
7位『アンチ』リアーナ
8位『スキン』フルーム
9位『25』アデル
10位『ブラーリーフェイス』トウェンティ・ワン・パイロッツ

関連記事リンク(外部サイト)

6月18日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
6月18日付 Billboard Hot 100 全米ソングチャート
ドレイクの米ソング&アルバム両チャート連覇続く、ピンクがトップ10入り

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP