体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Hilcrhymeの3Dライヴ映画、9月に公開!

Hilcrhymeの3Dライヴ映画が完成! 9月3日(土)より、全国の劇場で公開されることがわかった。
『Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」3D』 (okmusic UP's)
4月15日(金)にディファ有明で開催された、Hilcrhyme結成10周年アニバーサリーイヤーの幕開けを飾る一夜限りのスペシャル公演『Hilcrhyme 10th Anniversary LIVE「PARALLEL WORLD」』を3Dカメラで撮影。そのライヴ映像にCG演出を加えた、3Dライヴ映画がついに完成した。

“PARALLEL WORLD(並行世界)”はそのタイトルの通り、実際のライヴ、そしてライヴ映像にCGなど別次元の映像を合成した視覚効果によって生まれた新しいライヴ。その両方を楽しんでほしいという意図で企画されたもので、Hilcrhymeのライヴや楽曲の魅力を最大限に詰め込んだ映像作品となっている。

さらに、立体音響システム“ドルビーアトモス(Dolby Atmos)”を採用! 大迫力で臨場感があり、ライヴ会場に負けないくらいの音響が楽しめる。海外アーティストの実施例としては、元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズ、イマジンドラゴンズ、KISSらそうそうたるラインナップ。このサウンドシステム“ドルビーアトモス(Dolby Atmos)”を採用し、邦楽アーティストのライヴ映画として劇場上映するのはHilcrhymeが初となる。

なお、Hilcrhymeの2016年シングル第1弾となる「パラレル・ワールド」は、6月29日にこの映画の主題歌として、公開に先駆けて発売されることが決定している。そして、CD発売記念の『Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」3D』特別先行上映会も開催決定! 一夜限りの特別先行上映会は6月30日(木)に行なわれ、Hilcrhymeによる舞台挨拶&新曲披露もあるということだ。

【今回の映画について メンバーコメント】

■TOC

昨年末にLIVEの映画化の話を頂きました。

今年でHilcrhymeは結成10周年を迎えますが、こんな素晴らしい企画で飾れて嬉しいです。

タイトルの”PARALLEL WORLD”は6月29日に発売されるシングル曲のタイトルでもあるんですが、10年を振り返ると色々な事があったなと思って、色々な選択肢があって分岐点があって、その度に別れや出会いや。

もしあの時こうしていたら… もしあっちの道を選んでいたら…とかたまに考えるんですけど

同じ時間軸に並行してる世界があるのかもしれない。そう考えた時に人生って面白いなと思いました。

それは誰にもある事だと思うし、今自分がしている事、進んでる道が一番最高って信じて生きる事が大事だとも思う。

そういう思いを込めたLIVEにしました。

10年目を迎えるにあたりHilcrhymeの代表曲をズラッと並べて、かつ未来も示すために新曲も入れたセットリストになってます。

ラップユニットで3D MOVIEは前例がないと思うし、日本初のサウンドシステムドルビーアトモスも含めて未体験のエンターテイメントムービーを作れたと思います。

まだHilcrhymeのLIVEを見た事がない人はこの機会にぜひ見て欲しいと思ってます。

■DJ KATSU

最初に映画化の話を聞いた時は「実録Hilcrhyme」の様な映画を撮るのかと驚きました。でも話をしていくうちにライブをそのまま映画にしたり、アニメ化したり、可能な事は何でも出来るという事で漠然とイメージできました。

結果的にCGを使った3Dライブ映画というコンセプトが決まり、それを主体とした10周年ライブ「PAEALLEL WORLD」が決まりました。そして円形の360度センターステージという、Hilcrhymeとしては初の舞台でライブする事になったんですが、CGや3Dといった効果より、何よりもこのステージが功を奏したと思ってます。

基本的にDJは後ろから見られるという事がないので、実は円形ステージでのライブはかなり不安だったんです。

10周年記念ライブという事で、シングル曲を中心したセットリストにしたんですが、オープニングからMAXな盛り上がりで、後ろから見られる不安は一瞬で吹き飛びました。静かなパートは全員が聞き入って、盛り上がるパートは全員で飛び上がる。そんなライブでした。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。