ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽の都「ウィーン」のおすすめ観光スポット7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんはオーストリアの首都「ウィーン」と聞くと、どんな街を思い浮かべますか?

「音楽の都」として、オペラやクラシックが盛んに行われている街…と考えている人も多いはず。

しかしウィーンの魅力はそれだけではございません!今回は、ウィーンの魅力にさらに迫る、絶対に訪れるべき観光スポット7選を厳選してご紹介いたします。

 

ウィーン歴史地区

Erikaさん(@mondenkind_dd)が投稿した写真 – 2014 5月 9 5:08午前 PDT

古代ローマ時代からの歴史を持つオーストリアの首都・ウィーン。

残念ながら、第二次世界大戦により大きな被害を受けてしまいましたが、現在は美しく再建されました。

バロック時代以降の優れた建造物群や19世紀の都市計画が評価され、2001年には世界遺産に登録されています。
■詳細情報
・名称:ウィーン歴史地区
・住所:Vienna, Austria
・公式サイトURL:http://whc.unesco.org/en/(ユネスコウェブサイト)

 

シェーンブルン宮殿

Bart Lapersさん(@bartla)が投稿した写真 – 2016 6月 4 4:45午前 PDT

ハプスブルク皇帝の夏の離宮だった「シェーンブルン宮殿」。

幼いモーツァルトが御前演奏をした場所でもあり、女帝や皇后が暮らしていた豪華な部屋の数々を見学することができます。

ロココ調で装飾された宮殿内は、時間を忘れて見とれてしまうほど美しいのだとか。
■詳細情報
・名称:シェーンブルン宮殿と庭園群
・住所:Schloss Schonbrunn, 1130 Wien
・アクセス:ウィーン地下鉄U-BahnのU4号線、シェーンブルン駅Schönbrunnで下車
・営業時間:4~6・9・10月 8:30~17:30、7・8月 8:30~18:30、11~3月 8:30~17:00
・定休日:なし
・公式サイトURL:http://www.schoenbrunn.at/

 

王宮宝物館

Manne Quinさん(@manne.in.the.city)が投稿した写真 – 2016 5月 11 10:34午前 PDT

ハプスブルク家の財宝を集めた博物館で、王冠などの一般的な財宝を始め、キリスト教関連など、宗教にまつわる財宝も収められています。

この宝物館は,13世紀に建設されたホーフブルク王宮の最も古い部分にあるので、建物自体も財宝と同じく見ものです。
■詳細情報
・名称:王宮宝物館
・住所:Schweizerhof 01, 1010 Wien
・営業時間:水~月 10:00-17:30
・定休日:火曜日
・料金:12ユーロ(学生9ユーロ)ウィーンカード割引で11ユーロ
・公式サイトURL:http://www.kaiserliche-schatzkammer.at/

 

ウィーン美術史美術館

Nisa Hamdanさん(@nisahamdan)が投稿した写真 – 2016 5月 21 11:04午後 PDT

芸術が好きなら、数多くの名画を楽しむことができる「ウィーン美術史美術館」へ行きましょう!

建物も美しく、また圧倒されてしまいそうなほど豊富なコレクション!ツアーではなく、個人で訪れてゆっくりと回るのがオススメです。
■詳細情報
・名称:美術史美術館
・住所:Burgring 5, 1010 Wien
・営業時間:10:00~18:00(絵画部門のみ木~21:00)
・定休日:月曜日
・料金:大人12ユーロ
・公式サイトURL:http://www.khm.at/en/

 

ウィーン国立歌劇場

Nicolas Karmanさん(@nicolaskarman)が投稿した写真 – 2016 5月 31 9:50午前 PDT

近現代ドイツの文化を代表する建造物「ウィーン国立歌劇場」は、ウィーンオペラ座とも呼ばれ、クラシック愛好家たちの憧れの地です。

また音楽や美術のみならず、建築としても、ウィーン国立歌劇場は他の劇場とはまた違った魅力があり、毎年多くの観光客や地元の人たちなどで賑わっています。
■詳細情報
・名称:ウィーン国立歌劇場
・住所:Opernring 2, 1010 Vienna, Austria
・公式サイトURL:http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/

 

シュテファン大聖堂

therealhubinhoさん(@therealhubinho)が投稿した写真 – 2016 6月 4 7:27午前 PDT

ウィーンの中心部にあり、高さ107.2メートル、幅34.2メートルで、4つの塔がある巨大な「シュテファン大聖堂」。ウィーンを訪れる人なら誰もが立ち寄る有名なスポットです。

ユネスコの世界遺産にも登録されているゴシック様式の大寺院として、その迫力とともに、屋根に施されたモザイクの模様や美しい装飾が、訪れる人を魅力し続けています。
■詳細情報
・名称:シュテファン寺院 (Historic Centre of Vienna)
・住所:Stephansplatz 3, 1010 Vienna, Austria
・公式サイトURL:http://www.stephanskirche.at/

 

ベルヴェデーレ宮殿

Янаさん(@yana_shcherbataya)が投稿した写真 – 2016 6月 4 11:27午前 PDT

建築史上の傑作に数えられる豪華なバロック宮殿として有名な「ベルヴェデーレ宮殿」。

中には美術館が2つありヨーロッパの有名な画家たちの作品を展示しています。

また敷地内にある美しい庭園を通って緩やかな坂道を上がれば、ウィーンでも有数の壮大な景色を望むことができます。
■詳細情報
・名称:ベルヴェデーレ宮殿 (Historic Centre of Vienna)
・住所:Prinz-Eugen-Strasse 27, 1030 Vienna, Austria
・公式サイトURL:http://www.austria.info/

 

美しいヨーロッパに触れることができる場所

いかがでしたでしょうか?

世界遺産にも登録されているウィーンには、今も昔も、世界中の人々が惹きつけられています。

美しい景色や音楽など、ウィーンを訪れれば優雅な気分に浸れること間違い無し!

次の旅行先が決まっていない方は、ウィーンを候補にしてみては?

関連記事リンク(外部サイト)

なんだここ…ナイジェリアの世界遺産「オスン-オソボ聖林」と「スクルの文化的景観」
ヨーロッパなのに驚くほど物価が安い「リトアニア」の世界遺産まとめ
【真っ白な世界遺産】白鷺城と呼ばれる姫路城の美しい景観と歴史
日本人なら1度は登るべき!世界遺産の富士山は魅力たっぷりの自然いっぱい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP