ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

音楽の都ウィーンのおすすめ観光スポット29選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
音楽の都ウィーンのおすすめ観光スポット29選

今回はオーストリアの首都、ウィーンにある観光スポットを紹介します。オーストリアは今でこそ小さな国ですが、かつてはハプスブルク帝国として広大な領土を有していました。

ウィーンにはかつてのハプスブルク帝国を偲ぶスポットがたくさんあります。それでは、早速見ていくことにしましょう。

*編集部追記
2016年10月の記事に5カ所を追記しました。

 

シュテファン寺院周辺

1.シュテファン寺院

275442877_1a07ff45b8_b

Photo by:Alistair Young

ウィーンのラウンドマークになっているのが「シュテファン寺院」です。高い尖塔は遠目からでも目立ちます。「シュテファン寺院」が建設されたのは12世紀のこと。現在の姿になったのは14世紀~16世紀にかけてです。

なお、地下にはハプスブルク家の人々の内蔵(心臓以外)が安置されています。
■詳細情報
・名称:シュテファン寺院(Stephansdom)
・住所:1区、Stephansplaz
・アクセス:地下鉄「Stephansplaz駅」下車すぐ
・営業時間:6:00~22:00(月曜日~土曜日)、7:00~22:00(日曜日、祝日)
・定休日:ミサ中は内部見学不可
・料金:4.5ユーロ(オーディオガイドなし)、5.5ユーロ(オーディオガイドあり)
・所要時間:1時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://stephanskirche.com

 

2.王宮(ホーフブルク宮殿)

6379054683_75b5f59569_b

Photo by:alex.ch

長らくハプスブルク家が居城としていたのが「王宮」です。1918年のハプスブルク帝国崩壊の時まで使われていました。現在は博物館として利用されています。館内にはハプスブルク帝国を象徴する品がたくさん。美貌で有名であったエリザベートの生活も垣間見られますよ。
■詳細情報
・名称:王宮(Hofburg)
・住所:1区、Innerer Burghof
・アクセス:地下鉄「Herrengasse」下車
・営業時間:9:00~17:30(9月~6月)、9:00~18:00(7月、8月)
・電話番号:(01)5337570
・料金:共通 大人12.5ユーロ、学生11.5ユーロ
・所要時間:3時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.hofburg-wien.at

 

3.ウィーン国立歌劇場

Nicolas Karmanさん(@nicolaskarman)が投稿した写真 – 2016 5月 31 9:50午前 PDT

近現代ドイツの文化を代表する建造物「ウィーン国立歌劇場」は、ウィーンオペラ座とも呼ばれ、クラシック愛好家たちの憧れの地です。

また音楽や美術のみならず、建築としてもウィーン国立歌劇場は他の劇場とはまた違った魅力があり、毎年多くの観光客や地元の人たちなどで賑わっています。
■詳細情報
・名称:ウィーン国立歌劇場
・住所:Opernring 2, 1010 Vienna, Austria
・公式サイトURL:http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/

 

4.王宮宝物館

Manne Quinさん(@manne.in.the.city)が投稿した写真 – 2016 5月 11 10:34午前 PDT

ハプスブルク家の財宝を集めた博物館で、王冠などの一般的な財宝を始め、キリスト教関連など、宗教にまつわる財宝も収められています。

この宝物館は,13世紀に建設されたホーフブルク王宮の最も古い部分にあるので、建物自体も財宝と同じく見ものです。
■詳細情報
・名称:王宮宝物館
・住所:Schweizerhof 01, 1010 Wien
・営業時間:水~月 10:00-17:30
・定休日:火曜日
・料金:12ユーロ(学生9ユーロ)ウィーンカード割引で11ユーロ
・公式サイトURL:http://www.kaiserliche-schatzkammer.at/

 

5.シュテファン大聖堂

therealhubinhoさん(@therealhubinho)が投稿した写真 – 2016 6月 4 7:27午前 PDT

ウィーンの中心部にあり、高さ107.2メートル、幅34.2メートルで、4つの塔がある巨大な「シュテファン大聖堂」。ウィーンを訪れる人なら誰もが立ち寄る有名なスポットです。

ユネスコの世界遺産にも登録されているゴシック様式の大寺院として、その迫力とともに、屋根に施されたモザイクの模様や美しい装飾が、訪れる人を魅力し続けています。
■詳細情報
・名称:シュテファン寺院 (Historic Centre of Vienna)
・住所:Stephansplatz 3, 1010 Vienna, Austria
・公式サイトURL:http://www.stephanskirche.at/

 

6.モーツァルトハウス・ウィーン

288701433_32e12fe757_b

Photo by:Joe Ross

シュテファン寺院すぐ横にあるミュージアムが「モーツァルトハウス・ウィーン」です。このミュージアムは実際にモーツァルトが住んでいた建物を利用しています。日本語ガイドを聞きながら、モーツァルトの世界を覗いてみましょう。
■詳細情報
・名称:モーツァルトハウス・ウィーン(Mozarthaus Vienna)
・住所:1区、Domgasse 5
・アクセス:地下鉄「Stephansplaz駅」下車
・営業時間:10:00~19:00
・電話番号:+43 1 5121791
・料金:10ユーロ
・所要時間:90分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.mozarthausvienna.at/en

 

7.国立オペラ座

2302930144_361eb3d78a_o (1)

Photo by:Paul Hudson

重厚な建物が印象的な「国立オペラ座」も遠目からよく目立つ建物です。こけら落としは1869年のこと。それ以降、多くの来場者を集めてきました。現在でも最高レベルのオペラやバレエが上演され、休む暇がありません。

なお、観劇をしなくても見学ツアーで「国立オペラ座」を楽しむことができます。
■詳細情報
・名称:国立オペラ座(Staatsoper)
・住所:1区、Opemring 2
・アクセス:地下鉄「Karlsplatz」下車
・営業時間:ホームページをご覧下さい
・料金:ツアーは大人7.5ユーロ、65歳以上 6ユーロ
・所要時間:40分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/Startseite-Content.jp.php

 

8.美術史博物館

@lindsay_ynが投稿した写真 – 2016 10月 16 1:21午後 PDT

ウィーンで絵画を鑑賞したければ、まずは「美術史博物館」に行きましょう。「美術史博物館」にはブリューゲルやラファエラなどの名画がズラリと並んでいます。また、館内にあるカフェも大変豪華!絵画鑑賞を楽しんだ後は、カフェで一服するといいでしょう。
■詳細情報
・名称:美術史博物館(Kunsthistorisches Museum)
・住所:1区、Maria-Theresien-Platz
・アクセス:地下鉄「Museumsquartier」下車
・営業時間:10:00~18:00
・定休日:月曜日(9月~5月)
・電話番号:(01)525244025
・料金:大人14ユーロ、学生、65歳以上 11ユーロ
・所要時間:2時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.khm.at

 

9.ウィーン自然史博物館

Cintia Caciatoriさん(@viaje24h)が投稿した写真 – 2016 10月 10 5:35午後 PDT

美術史博物館の向かい側にあるのが「ウィーン自然史博物館」です。「ウィーン自然史博物館」には昆虫から恐竜まで、自然の多様性が感じられる展示物がたくさんあります。特に絶滅種や絶滅危惧種の剥製は見ごたえがあります。

さらに、空から落ちてきた隕石も展示。ウィーンの中心地で自然の多様性を学ぶのも悪くはないでしょう。
■詳細情報
・名称:ウィーン自然史博物館(Naturhistorisches Museum Wien)(
・住所:Maria-Theresien-Platz, 1010 Wien
・アクセス:地下鉄「Museumsquartier」下車
・営業時間:9:00~18:30(木曜日~月曜日)、9:00~21:00(水曜日)
・電話番号:+43 1 521 77
・料金:大人10ユーロ、19歳以下は無料
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.nhm-wien.ac.at

 

10.ペーター教会

photo by pixta

創建は9世紀ごろのペーター教会はウィーンで2番目に古い教会。現在の建物は18世紀に改築されたものですが、内部のバロック装飾はとても美しいものがあります。またミヒャエル・ロットマイヤーによるフラスコ画も素晴らしいです。

教会では毎日無料のオルガンコンサートを開催しています。平日は15:00~、土・日曜日は20:00~。とても神秘的な空間にひたれます。
■詳細情報
・名称:ペーター教会(Peterskirche)
・住所:Petersplatz 1010 Wien
・アクセス:地下鉄Stephansplatz駅から徒歩約2分
・営業時間:月~金曜日07:00~20:00、土日・祝日09:00~21:00
・定休日:年中無休
・電話番号:+43 1 533 64 33
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.peterskirche.at/st-peter/

 

11.カプツィーナー教会(皇帝墓所)

kazuki.nさん(@sound_of_the_memory)がシェアした投稿 – 2017 5月 23 6:51午前 PDT

1632年に創建したカプツィーナー教会には、栄華を極めたハプスブルク一族が代々眠る地下墓所があります。マリーアントワネットの母である女帝マリア・テレジアやその夫フランツ1世、フランツ・ヨーゼフ1世とエリーザベト、皇太子ルドルフなど一族149人のお墓です。

特にマリア・テレジアやフランツ1世の棺は大変豪華であり、彫刻家バルタザール・フェルディナント・モルによって作られました。また、フランツ・ヨーゼフ1世とエリーザベトの棺には今も献花が堪えず捧げられていることが多くあります。
■詳細情報
・名称:カプツィーナー教会(皇帝墓所) (Kapuzinerkirche Kaisergruft)
・住所:Tegetthoffstraße 2, 1010 Wien
・アクセス:地下鉄Stephanplatz駅から徒歩約5分
・営業時間:10:00~18:00(木曜日09:00~)※最終入場17:40
※11月1日、2日10:00~14:00、12月24日、31日10:00~16:00
・定休日:年中無休
・電話番号:+43 1 512 68 53-88
・料金:7.5ユーロ
公式サイトURL:http://www.kapuzinergruft.com/

 

12.国立図書館大広間(プルンクザール)

photo by pixta

王宮内にあるオーストリア国立図書館は、1723年にカール6世の命によって作られました。図書館のバロック様式による大広間(プルンクザール)は世界一美しい図書館のホールであると言われています。

これはバロック建築の巨匠であるフィッシャー・フォン・エルラッハの設計であり、その息子ヨーゼフ・エマヌエル・フィッシャー・フォン・エルラッハの建築によるもの。この美しさはウィーンを訪れたのなら一見の価値があるスポットです。
■詳細情報
・名称:国立図書館大広間(プルンクザール) (Oesterreichische Nationalbibliothek, Prunksaal)
・住所:Josefsplatz 1 , 1010 Wien
・アクセス:地下鉄Karlsplatz駅から徒歩約7分
・営業時間:10:00~18:00(木曜日~21:00)
・定休日:月曜日
・電話番号:+43 1 534 10
・料金:7ユーロ
・公式サイトURL:https://www.onb.ac.at/

 

13.楽友協会

Rika Matsumotoさん(@rika.m.0709)がシェアした投稿 – 2017 5月 29 7:53午前 PDT

1870年に作られた楽友協会はウィーンフィルハーモニー管弦楽団の本拠地。ウィーンフィルのニューイヤーコンサート開催場所として知られていますよね。世界一良い音響の良い音楽ホール、世界一美しい音楽ホールなどと言われています。

音楽の都で最高の音楽が聴けたら素晴らしい思い出になるでしょう。コンサートのスケジュールは公式サイトを確認してください。また、コンサート以外にも一日一回45分のガイドツアーがあります。
■詳細情報
・名称:楽友協会 (Musikverein)
・住所:Musikvereinsplatz 1, 1010 Wien
・アクセス:地下鉄Karlsplatz駅から徒歩約4分
・営業時間:月~金曜日09:00~20:00、土曜日09:00~13:00
・定休日:日・祝日※イベント開催の際は1時間前に開く
・電話番号:+43 1 505 81 90
・料金:ガイドツアーは6.5ユーロ
・公式サイトURL:https://www.musikverein.at/

 

市庁舎周辺

14.市庁舎

Wien | Viennaさん(@viennatouristboard)が投稿した写真 – 2016 10月 18 10:16午前 PDT

ウィーンの「市庁舎」も観光スポットのひとつです。「市庁舎」は19世紀後半、ネオゴシックスタイルで建築されました。外見もさることながら、グルメの方には地下にもご注目。「市庁舎」の地下にはおいしいウィーン料理が食べられるレストラン「ラートハウスケラー Rathauskeller」が入っています。
■詳細情報
・名称:市庁舎(Rathaus)
・住所: Friedrich-Schmidt-Platz 1, 1010 Wien
・アクセス:地下鉄「Rathaus」下車
・営業時間:ガイドツアー 月・水・金 13時発
・電話番号:(01)52550
・料金:無料
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.wien.gv.at/verwaltung/rathaus/index.html

 

15.国会議事堂

Alina Koltcovaさん(@linamorso)が投稿した写真 – 2016 7月 31 2:30午後 PDT

ウィーンはオーストリア共和国の首都ですから、オーストリアの行政機関もウィーンに集中します。その象徴がギリシャ宮殿のような建築スタイルが特徴の「国会議事堂」。一見、古風に見えますが建てられたのは19世紀のことです。もちろん、民主主義のお手本、ギリシャを参考に作られました。
■詳細情報
・名称:国会議事堂(Parlament)
・住所:1区、Dr.Karl-Renner-Ring3
・アクセス:路面電車「Stadion-gasse」下車
・営業時間:ホームページをご覧下さい
・定休日:日曜日、祝日、議会開催中
・料金:大人5ユーロ、学生2.5ユーロ
・所要時間:55分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.parlament.gv.at

関連記事リンク(外部サイト)

カフェ文化発祥の地!美食の街ウィーンのおすすめレストラン4選
オーストリアの物価は?料理は?オーストリア旅行の基本情報まとめ
華やかな中欧の国「オーストリア」で絶対に外せない観光スポット30選
ウィーン観光で行きたいおすすめのカフェ6選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。