体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽の都ウィーンの観光スポット・カフェ・レストラン37選

音楽の都ウィーンの観光スポット・カフェ・レストラン37選

今回はオーストリアの首都、ウィーンにある観光スポット・カフェ・レストランを紹介します。オーストリアは今でこそ小さな国ですが、かつてはハプスブルク帝国として広大な領土を有していました。

ウィーンにはかつてのハプスブルク帝国を偲ぶスポットがたくさんあります。それでは、早速見ていくことにしましょう。

*編集部追記
2016年10月の記事に5ヶ所を追記しました。
2017年6月の記事に8ヶ所を追記しました(2018/01/07)

 

シュテファン寺院周辺

1.シュテファン寺院

275442877_1a07ff45b8_b

Photo by:Alistair Young

ウィーンのラウンドマークになっているのが「シュテファン寺院」です。高い尖塔は遠目からでも目立ちます。「シュテファン寺院」が建設されたのは12世紀のこと。現在の姿になったのは14世紀~16世紀にかけてです。

なお、地下にはハプスブルク家の人々の内蔵(心臓以外)が安置されています。
■詳細情報
・名称:シュテファン寺院(Stephansdom)
・住所:1区、Stephansplaz
・アクセス:地下鉄「Stephansplaz駅」下車すぐ
・営業時間:6:00~22:00(月曜日~土曜日)、7:00~22:00(日曜日、祝日)
・定休日:ミサ中は内部見学不可
・料金:4.5ユーロ(オーディオガイドなし)、5.5ユーロ(オーディオガイドあり)
・所要時間:1時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://stephanskirche.com

 

2.王宮(ホーフブルク宮殿)

6379054683_75b5f59569_b

Photo by:alex.ch

長らくハプスブルク家が居城としていたのが「王宮」です。1918年のハプスブルク帝国崩壊の時まで使われていました。現在は博物館として利用されています。館内にはハプスブルク帝国を象徴する品がたくさん。美貌で有名であったエリザベートの生活も垣間見られますよ。
■詳細情報
・名称:王宮(Hofburg)
・住所:1区、Innerer Burghof
・アクセス:地下鉄「Herrengasse」下車
・営業時間:9:00~17:30(9月~6月)、9:00~18:00(7月、8月)
・電話番号:(01)5337570
・料金:共通 大人12.5ユーロ、学生11.5ユーロ
・所要時間:3時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.hofburg-wien.at

 

3.ウィーン国立歌劇場

Nicolas Karmanさん(@nicolaskarman)が投稿した写真 – 2016 5月 31 9:50午前 PDT

近現代ドイツの文化を代表する建造物「ウィーン国立歌劇場」は、ウィーンオペラ座とも呼ばれ、クラシック愛好家たちの憧れの地です。

また音楽や美術のみならず、建築としてもウィーン国立歌劇場は他の劇場とはまた違った魅力があり、毎年多くの観光客や地元の人たちなどで賑わっています。
■詳細情報
・名称:ウィーン国立歌劇場
・住所:Opernring 2, 1010 Vienna, Austria
・公式サイトURL:http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/

 

4.王宮宝物館

Manne Quinさん(@manne.in.the.city)が投稿した写真 – 2016 5月 11 10:34午前 PDT

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。