体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エバンジェリストちょまどさんが登壇!XamarinでiOS/Android/UMPアプリを開発しよう

エバンジェリスト、ちょまどさんが登壇、Xamarinの特徴を紹介

日本マイクロソフト・テクニカルエバンジェリストのちょまどさんが登壇したセッションは「これから始めるXamarin ~環境構築から iOS/Android/UWP アプリのビルドまで~」。タイトルからもわかるように、Xamarin初心者のためのセッションだ。

XamarinはC#でWindows Storeアプリはもちろん、iOSアプリやAndroidアプリ、UWPなどが開発できるクロスプラットフォーム開発環境である。そのXamarinが、2016年2月にマイクロソフトに買収されたことで、IDEのVisual Studioに含まれることになった。

そんな注目度の高さに加え、de:codeでは珍しい初心者向けセッションということ、さらにちょまどさんがエバンジェリストとして登壇するということもあり、会場は満席。立ち見が出るほどの盛況ぶりだった。

このセッションの登壇者はちょまどさんだけではない。進行役に日本マイクロソフト・デベロッパーエバンジェリズム統括本部部長でエバンジェリストの砂金信一郎さん、

そしてXamarinの仕組みや使い方について、Xamarinの販売代理店だったエクセルソフトの営業であり、ユーザー会「Japan Xamarin User Group」の主催者でもある田淵義人さん、

さらに日本マイクロソフト・プラットフォームエバンジェリストの高橋忍さんという、豪華な4人によるセッションとなった。

ちょまどさんはマイクロソフトに入社する前はプログラマとして、XamarinでiOSおよびAndroid向けのモバイルアプリの開発をしていた。

そこで砂金さんが「これまでのモバイルアプリの開発において、Xamarinを使わないとどんな問題があったのか」問いかけ、ちょまどさんによるXamarinを使うメリットなどの説明が始まった。

「今までのモバイルアプリ開発はターゲットプラットフォーム特化型が一般的。iOSアプリであればSwiftとXcode、AndroidアプリはJavaとAndroid Studio、そしてWindowsアプリはC#とVisual Studioで開発というように、言語や開発ツールがバラバラで、プラットフォームごとに完全にコードが分離。さらにスキルやコードの再利用ができず、プラットフォームごとの実装差異が生まれやすくなっていたんです。しかも、言語やツールの習得コストもかかっていました」

そして一呼吸置いて「そこでXamarinなんです」と、Xamarinをアピール。

企業での活用実績も豊富に。NHK紅白公式アプリもXamarinで開発

Xamarinを使用すればコードはすべてC#で書くことになり、JavaやSwiftを書くことはない。またロジック部分はコードを共通化できるようになる(UI部分はそれぞれの作法にあった書き方をするため、個別に書くが)。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会