ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バッテリーを搭載したベルト「Cansoo」が登場!これで電池切れは起こさない?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Cansooスマホの電池の減りは早い。特に、動画を視聴したり、GPS機能を使ったりするとてきめんだ。

モバイルバッテリーを持ち歩けば電池不足の不安から解放されるのだろうが、できることなら身軽でいたいもの。

そこで今回紹介するのは、容量2000mAhのバッテリーを搭載したベルト「Cansoo」。身につけているので“持ち運び感”がなく、スマホをポケットに入れたまま充電できる。

Cansoo3・充電ケーブル付き

Cansooは、バックル部分にバッテリーが埋め込まれ、皮ベルトの内側に短めのケーブル(マイクロUSB/サンダーボルトのコネクター付き)が収まっている。

スマホのバッテリーがピンチになったとき、ケーブルでバッテリーとつなぐだけと、使い方はいたってシンプルだ。

・ポケットに入れたまま充電

2000mAhというと、たいていのスマホならフル充電できる容量。これだけあれば日中、出先で電池不足に陥ることはまずなさそうだ。

Cansoo2また、ポケットに入れたまま充電できるというのも便利で、シャツなどをかぶせれば傍目に充電していることはわからない。

Cansooは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中。今なら25ユーロ(約3000円)の出資で入手できる。出資は7月3日まで受け付ける。

Cansoo/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2445167/video-671524-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。