ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

茨城県・木内酒造でつくられる、世界に羽ばたく「クラフトビール」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。先日、同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という記事が掲載されていました。

ここで取り上げるのは、その中に「東京」が含まれていたから。代表的なクラフトビールとして、茨城県の木内酒造がつくる「常陸野ネストビール」が紹介されていたのです。

名前だけではピンとこない人も…、

この“フクロウ”を見ると分かるのでは?

きっと、「ああ、これか!」と思った人も多いはず。ネストとは「巣」のことで、茨城県那珂市鴻巣で生まれたことから名付けられたようです。

いつもならここで商品紹介…となるのですが、あえて割愛。注目したいのは、商品もさることながら、“ビールづくりへの思い”だから。

ここはビールを愛する者たちの巣

改めて、「常陸野ネストビール」は、1823年(文政6年)から日本酒をつくり続ける木内酒造が生み出したもの。

酒蔵にほど近い酒出という地は、その昔、井戸から酒が湧き出たという言い伝えがあるそう。水と緑の豊かな常陸野はビールづくりにも適した地でした。

主にヨーロッパから年ごとに厳選した材料を直輸入。ホップもそれぞれの個性に相応しい産地から。

とはいえ、原料は欧米のものでも、欧米のビールのコピーをつくるわけではありません。ここで生まれるのは、唯一無二の一杯。

モルトとホップの組み合わせは無限。その中で狙いの最良の組み合わせを仕込む。それを保ち続け、時には進化させていきます。

ビールづくりは、まるで我が子を育てるかのように。発酵中、「酵母は元気かな」「暑くないかな」「寒くないかな」。そんな気遣いの日々。

原料となる麦やホップは植物。同じ種類を仕入れていても、その時の出来によって味や香りは微妙に変わります。品質を保つのは、機械ではなく「人」。

茨城県の酒蔵から生まれたフクロウラベルのビールは、今や世界20カ国へ展開されています──。

こうして商品の背景にほんの少しだけでも思いを巡らすと、なんだかビールがもっと美味しくなりそうな気がしませんか?

「常陸野ネストビール」の商品一覧はこちらから。実際に味わえる店舗も確認できます。世界に羽ばたくクラフトビールは、父の日の贈り物にもぴったりですね。

Reference:Matador Network
Licensed material used with permission by 木内酒造

関連記事リンク(外部サイト)

京都に出現した、クラフトビールを楽しめる「町家バー」がクール!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP