ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宿泊先を「水の上」にするくらいじゃなきゃ、アムステルダムは楽しめない!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できるのがアムステルダムのいいところ。市内をめぐる運河に浮かぶボートの中には、ホテルと同じ感覚で宿泊できるものがたくさん。

この、“あえて水上ステイ”の魅力を一度でも知ってしまったら、もう陸上という選択肢は残されていない、かも。

ヨーロッパでは入居待ちも
ハウスボートって?

では、いったいどうしてアムステルダムにハウスボートの宿泊施設が多いのか?

もともと住宅不足への救済措置として、暫定的に船を自宅代わりにしたハウスボートを認めたアムステルダム。それがここに来て、都市にいながらにして水辺の自然と密接できるとあってか、ボート暮らしを好む人々が急増中。パリの「ペニッシュ」やロンドンの「ナロー・ボート」と並び、ここアムステルダムでも、じつに2,500艘近いハウスボートが浮かんでいるんだとか。

滞在エリア&内装で選ぶ!
ネット予約で簡単ブッキング

ネットで検索するだけでも、驚くほどたくさんの宿泊型ゲストボートが登場する。ここでは、宿泊用ハウスボートに特化した予約サイト「FIND AN AMSTERDAM HOUSEBOAT」より、個性的なボートを3つ紹介したい。市内へのアクセス、収容人数、お洒落な船内など、チェックしてみて欲しい。

「次のアムスはボートに泊まろう!」、間違いなくそんな気になるから。

01.
外観はソコソコ。でも、船内は
モダンなイマドキボート
Houseboat Hugo

アムステルダム中心部にほど近いヨルダン地区は、お洒落なカフェやレストランが点在するエリア。運河に沿うように並んだハウスボートのひとつが、B&B Houseboat Hugoだ。外観こそ平屋戸建てのような造りだが、モダンな船内にビックリ。


これが本当に船の中?落ち着いたダイニングルームは北欧の調度品で統一され、さながらデザイナーズホテルのテイスト。キッチンも簡易的なものではなく、電子レンジ、冷蔵庫、さらにはオーブンまでバッチリ完備されている。もちろんネット環境も問題なし。

2ベッドルーム(4ベッド)で大人4人が宿泊できる。お腹をすかせたガチョウが窓をノックすることも。

一人一泊180ユーロ(約21,000円)から。

02.
プチホテル気分で恋人と♡

Houseboat Suite Westertoren

食事やカフェ、ナイトライフにとアクティビティに事欠かないセントラム地区の、プリンセン運河沿いに停泊する「Houseboat Suite Westertoren」。絶好のロケーションに、コンパクト(大人2人まで)ながらラグジュアリー感たっぷりの内装は、間違いなくカップル旅行向き。

エクステンドテーブルをコンパクトにしたダイニングの背面には、簡易キッチンが。それでもちゃんと冷蔵庫も食洗機も、エスプレッソメーカーまで完備されている。無料Wi-Fiのほか、Bluetooth対応の音楽プレイヤーも使い放題というのも嬉しい。一艘のオーナーになったつもりで、ムードも最高潮!


船尾のベッドルームからは、街のシンボルウェスター教会が一望できる。

街にとけ込んだハウスボート、室内の様子は動画でも紹介されている。

一人一泊160ユーロ(約19,500円)から。

03.
寝室3つ、最大6人までOK
友だち、家族で宿泊するなら
GP Amstel River

ボートのサンデッキ部に配されたソファに腰掛けながら、のどかな水辺の時間を楽しむ。GP Amstel Riverの注目ポイントは、くつろぎ空間が内と外にあるところ。アムステル川に浮かぶこちらは、最大で大人6人が宿泊できる大型ゲストボートだ。



ダブル、ツイン、二段ベッドの3ベッドルーム。どの寝室にもシャワールームが設置されており、ダブルルームにはなんとバスタブまで完備されている。

一人一泊240ユーロ(約29,000円)から。

Q.どんなシーンで「ハウスボート」に泊まってみたい?
・「やっぱ女子旅!」友だちとのグループ旅行
・恋人と二人っきりでハウスボートのオーナー気分
・旅先で知り合った仲間たちと海賊船気分で

Licensed material used with permission by FIND AN AMSTELDAM HOUSE BOAT

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP