体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宿泊先を「水の上」にするくらいじゃなきゃ、アムステルダムは楽しめない!

ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できるのがアムステルダムのいいところ。市内をめぐる運河に浮かぶボートの中には、ホテルと同じ感覚で宿泊できるものがたくさん。

この、“あえて水上ステイ”の魅力を一度でも知ってしまったら、もう陸上という選択肢は残されていない、かも。

ヨーロッパでは入居待ちも
ハウスボートって?

宿泊先を「水の上」にするくらいじゃなきゃ、アムステルダムは楽しめない!

では、いったいどうしてアムステルダムにハウスボートの宿泊施設が多いのか?

もともと住宅不足への救済措置として、暫定的に船を自宅代わりにしたハウスボートを認めたアムステルダム。それがここに来て、都市にいながらにして水辺の自然と密接できるとあってか、ボート暮らしを好む人々が急増中。パリの「ペニッシュ」やロンドンの「ナロー・ボート」と並び、ここアムステルダムでも、じつに2,500艘近いハウスボートが浮かんでいるんだとか。

滞在エリア&内装で選ぶ!
ネット予約で簡単ブッキング

ネットで検索するだけでも、驚くほどたくさんの宿泊型ゲストボートが登場する。ここでは、宿泊用ハウスボートに特化した予約サイト「FIND AN AMSTERDAM HOUSEBOAT」より、個性的なボートを3つ紹介したい。市内へのアクセス、収容人数、お洒落な船内など、チェックしてみて欲しい。

「次のアムスはボートに泊まろう!」、間違いなくそんな気になるから。

01.
外観はソコソコ。でも、船内は
モダンなイマドキボート
Houseboat Hugo

宿泊先を「水の上」にするくらいじゃなきゃ、アムステルダムは楽しめない!

アムステルダム中心部にほど近いヨルダン地区は、お洒落なカフェやレストランが点在するエリア。運河に沿うように並んだハウスボートのひとつが、B&B Houseboat Hugoだ。外観こそ平屋戸建てのような造りだが、モダンな船内にビックリ。
宿泊先を「水の上」にするくらいじゃなきゃ、アムステルダムは楽しめない!
宿泊先を「水の上」にするくらいじゃなきゃ、アムステルダムは楽しめない!
宿泊先を「水の上」にするくらいじゃなきゃ、アムステルダムは楽しめない!

これが本当に船の中?落ち着いたダイニングルームは北欧の調度品で統一され、さながらデザイナーズホテルのテイスト。キッチンも簡易的なものではなく、電子レンジ、冷蔵庫、さらにはオーブンまでバッチリ完備されている。もちろんネット環境も問題なし。
宿泊先を「水の上」にするくらいじゃなきゃ、アムステルダムは楽しめない!
宿泊先を「水の上」にするくらいじゃなきゃ、アムステルダムは楽しめない!

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。