ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ほぼ日」から犬猫の“住民票アプリ”登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫


コピーライターの糸井重里氏が主宰を務めるWebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」(ほぼ日)から、犬や猫と人が親しくなるためのスマートフォン用アプリ「ドコノコ」が登場した(iOS版は6月5日より、Android版は7月下旬リリース予定)。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「ドコノコ」は、18周年を迎える「ほぼ日」が初めてつくったアプリ。自分が飼っているペットだけでなく、街なかで見かけた犬や猫を撮影し、コメントをつけて投稿することができる。

アプリ上では、一匹ごとに「本(ブック)」として保存され、「ほんだな」にまとめられる。「本(ブック)」にはペットの記録ができる「どうぶつブック」と、街なかで見かけた犬や猫を投稿する「自由帳」を用意している。

また「ひろば」では、ほかの人の投稿写真を見たり、気になる犬・猫がいれば、その本(ブック)をフォローすると、タイムラインで近況を知ることができる。さらに「エリア」では、自分がいる場所の近くで投稿された犬や猫を見ることも可能だ。

糸井重里氏がTwitterで、

「迷子の犬や猫のツイートを見るたびに、『ドコノコ』をじゃんじゃん普及させたいと思う。もともと、そこからはじまった企画だったわけだし」

とコメントしているように、「ドコノコ」では迷い犬や猫の捜索を依頼することも。犬や猫を飼っている人はもちろん、飼っていない人にも楽しんでもらえるといい、公式サイトでは、

「とにかく、犬と猫が、いつもいっぱい見られます」
「『うちのコ』みたいな気分になったりするそうです」

とアピールしている。

Twitterでは、

「犬猫の住民票みたいなものだから、これが広まったら迷子の探索とか、保護犬猫の検索とかがやりやすくなるはず。いいコミュニテイができるんじゃなかろうか」
「お気に入りの犬猫写真集めたら、見てるだけで癒されるかも」

と、早速チェックする人がいるほか、「ほぼ日さんでペットのアプリがそのうち出るようです。このタイミングでガラケーを変えるかなぁ」とまでいう人も。犬猫を通じた、新しいコミュニケーションツールになりそうだ。
(花賀 太)

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

「ほぼ日」から犬猫の“住民票アプリ”登場はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

糸井「秘本」読者が守り通した秘密
元NHK_PR1号・浅生鴨氏が開設した“古臭いHP”が話題
百人規模の読書会が密かなブーム!
愛されるペットの条件は「スピード」だった!?
犬は100万! ペット別の生涯飼育費

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP