ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエットに!美肌に!限りある酵素をムダにしない方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

酵素たっぷりのドリンクを飲む「酵素ダイエット」が人気です。ダイエットや美肌にいいと言われる“酵素”は、実は私たちが呼吸をしたり筋肉を動かしたりといった、生命を維持するために必須の成分でもあります。ビタミンやミネラルなどの栄養素も、酵素がなければ働くことができないのです。限りある酵素をムダにしないことが、ダイエットに成功し美肌にもなれるコツです。

“酵素”ってどんな働きをしているの?

酵素というと消化酵素を思い浮かべる方も多いと思いますが、酵素には消化酵素、代謝酵素、食物酵素の3種類があります。消化酵素は私たちが食べた物を消化・吸収するための酵素で、デンプンを分解するアミラーゼや、タンパク質を消化するプロテアーゼなどが代表的なものです。代謝酵素は栄養を体の各部位に届けて新陳代謝を行ったり、毒素を排出したり、体の悪い部分を修復したりする働きをします。ここで気を付けなければならないのは、酵素はまず食べた物を消化・吸収する消化酵素として使われ、余ったものが代謝酵素となるということです。

“酵素”は体内で作ることができる!

酵素は体内で生成することができます。ただし、その能力には個人差があり、ひとりの人が一生の間で生成できる酵素の量はあらかじめ決まっています。酵素が不足すると、いくら栄養のあるものを食べても消化が追い付かず、それを血液によって運ぶこともできません。血液がドロドロで不健康な体になってしまうのはもちろん、代謝が落ちて太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。不足した分は、食物に含まれている食物酵素で補うことができます。だから酵素が多い食品を食べるのは重要なことなのです。そしてもっと大切なことは体内の限りある酵素をムダに使わないということです。

“酵素”のムダ遣いを防ぐ生活とは?

「満腹になるまで食べないと気が済まない」「間食が多く常に何かを食べている」「早食いで噛む回数が少ない」、こんな習慣がある人は、酵素のムダ遣いをしている人です。常に消化酵素を使っているので、代謝酵素に回す分がなくなってしまうのです。せっかくビタミンやミネラルを摂っても、酵素がないと体内で働くことができません。ダイエットに成功し、美しくなるためには代謝酵素を増やすことが大切なのです。もちろん、食物酵素から補給するために、酵素が多い食品を食べるのもGoodです。酵素は熱に弱いので、生の野菜やフルーツを多めに食べるようにしましょう。味噌や納豆、ぬか漬け、チーズなどの発酵食品にも酵素がたくさん含まれています。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP