ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3人目でやっと叶った立ち会い出産。一緒に頑張ってくれた夫からの「ありがとう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回で3人目の出産でしたが、まともに?立ち会い出来たのは初めてでした。

主人は1人目から立ち会いを希望していましたが、1人目は仕事で県外から帰って来ている最中、スッポーンと産まれ間に合わず。

2人目は早朝で、上の子を預ける暇もなくあれよあれよと進み、主人は上の子を見ながらの立ち会いで…てんやわんやのままスッポーンと産まれました(笑)

出産に備え、主人は24時間体制の仕事なので、主人が仕事の日は私は実家に帰る(同じ市内)という態勢。

今回、陣痛が来たのは早朝、主人は仕事。

一応連絡を入れ、子供はしっかり母親に任せ、1人で産むかぁ…と思いつつ病院へ。

内診してもらうと、子宮口が4センチ。

陣痛もいいのが来ているとのことでそのまま陣痛室へ。

私、陣痛室初体験~!

(上の2人は病院について間もなくスッポーンだったので即分娩室でした)

なかなかの陣痛も来て間隔も狭くなってきたけど、助産師さんは来てくれず、ぼーっと待っていると、人の気配。

なんと、主人登場…!

そして、助産師さんも登場。

内診、陣痛の間隔を見てもらうと、

「うん。早すぎてびっくりよ。分娩室行こう!」とのこと。

主人、しっかり間に合いました。 関連記事:「一生に一度ですよ!」460km離れた地にいた夫が、立ち会い出産に間に合った奇跡の理由

今回、陣痛がすごく痛く感じました。

さらに、私の天敵の点滴を…4回失敗されました。

陣痛も痛いのに…何この二重苦(泣)

上の子の時は出てくる時までは我慢出来る痛みで穏やかぁぁあな出産でした。

この度は、陣痛来る度に

「痛いわーーーーーーもう…いや…」と言っておりました。

陣痛の度に主人の手を握りつぶす勢いでした。

主人もこんなに痛がる私を見たことがないからか、終始顔をひきつらせつつ、オヤジギャグをかましてみたり、私に静かに『うるさい』と言われながらも、うちわでパタパタしてくたり…。

その間も、手は逃げる事を許されず、ただただ握りつぶされ(笑)

助産師さんにも、

「ご主人!汗拭いてあげて!お茶は?」と色々言われながら、

「頑張れー、痛いね…大丈夫よー!」等々、優しく声をかけてくれました。

陣痛に翻弄され、助産師さんも若い人で『上手ですよー』しか言ってくれず、誰もいきむことをリードしてくれず……自分でやってみるものの、ただただ痛いだけ。

主人はされるがまま。(当然ですが笑)

そうこうしているうちに、助産師さんがわらわらと3人追加され(交代時間でもあったようでした)、ドクターと美人女医あらわる!

やっとベテラン助産師さんにリードしてもらうことができましたが、痛みで若干パニックな私。

(上の子の時はこんなに痛くなかったー!こんなにいきまなかったよー!)と思いつつ、

「痛い~」と声を出すと、

「はい声出さない。赤ちゃん頑張ってんのにお母ちゃんそんなこと言わない。はい、息むとき目は開ける。頭上げる。はい、上手!けど、酸素つけよう、お母ちゃんしっかり吐いて、吸う。鼻からねぇ。はい、上手」と、淡々と褒めてるのかなんなのか。

でもパニックな私にはスッと入ってきて、

(そうか!私がやらねば誰がやる!赤ちゃん頑張って!お母ちゃんやるよー!)

と気合いが入る!

が…ドクターと美人女医、ベテラン助産師が足元で、

「こりゃ大きいやろー」

「出んわけいーね」

「どうする?吸引しようか。お母ちゃんも頑張りよるし、そろそろ出んと…」

ということで吸引することになり、ドクターにお腹ギュンギュン押されて、

はい、力抜いて~って言われてすぐ、

アンギャー!

と3人目の待ちに待った息子。待望の男の子!

主人はずっとずっとうちわでパタパタしてくれて、第一声は、「本当に男の子!?」でした(笑)

それから、「ありがとう!お疲れ様!」とぎゅっとしてくれました。

痛みに必死でその時はただただ痛いだけしか思わなかったけど、主人が声をかけてくれて、うちわでパタパタしてくれて、手を半分は強制(笑)でも離さず逃げず(笑)握ってくれて、やっぱり安心して産むことに専念できたなぁと思います。

主人は、「やっぱり一緒にいれて良かった。本当立ち会えて良かった」と言ってくれていました。

手をかばいながら(笑)

3回目にしてやっとですが、私はやっぱり立ち会いして良かったと思います。

男性には出産は経験出来ないし、痛みだって分かりません。

でも、母は命を懸けて食べちゃいたくなるほど可愛い我が子(きっとほっぺは1回はかじります笑)を産むんです。

見てもらいましょうよ!一緒に頑張ってもらいましょうよ、と思いました。 関連記事:バースプランと全然違う?!でも旦那の「落ち着いて行こう」の声が耳に届いて

ちなみに時間的には本当にスッポーンだったので、(陣痛がついて約5時間)スピード安産菌置いていきますね♪

著者:みなこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

パパの涙を初めてみたのは、あなたが産まれた日。将来、娘にも教えてあげたい!
楽しみにしていた立ち会い出産のはずが、、、
はじめての立会出産

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。