体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】高級フルーツ“宮崎マンゴー”を贅沢に使ったパフェ @『フルーフ・デゥ・セゾン』

furu-man024_R

さりげなく秋葉原の制覇を狙うガジェット通信ですが、ほぼほぼラーメンやらカレーに特化している感は否めません。おかげ様で筆者(YELLOW)の体重も(略

住宅街に溶け込む『フルーフ・デゥ・セゾン』

furu-man000_R

いわゆる“フルーツパーラー”的な何かの『フルーフ・デゥ・セゾン』ですが、目立たない路地裏にあるのに開店と同時に満席になる人気店で御座います。

まあ、さしてスイーツを欲しない筆者ですので「へー、そうなんだ?」くらいにしか思ってなかったのですが、あるときネットに流れている期間限定商品『宮崎マンゴーパフェ』の写真を見て、どうしても食べてみたくなった次第です。

furu-man002_R

以前、町田の有名な店で“スイーツ行列”の恐ろしさを知った筆者は、とりあえず開店30分前に並んでみました。

すると、どうでしょう?

オープン5分前まで誰も現れずという、信じられない事件が起こりました……。

furu-man003_R

しかし!

いざオープンすると続々と年齢層が高めな方達が現れ、瞬く間に満席になりました。

なるほど……客層の違いで行列も変わるという事でしょうか? これは、またひとつ勉強になりました(白眼)。

『宮崎マンゴーパフェ』を食す!

furu-man006_R

すでに狙いは『宮崎マンゴーパフェ』一択ですので、ほぼほぼオーダーは決まっていたのですが、とりあえずメニューを見てみます。

そして、いつも通りに写真を撮っていたのですが、どうやら『フルーフ・デゥ・セゾン』はメニュー表は写真撮影禁止の模様……。

というわけで、メニューに関する写真はなしで、いきなり実食で御座います。

宮崎マンゴーを全力で楽しむパフェ

furu-man026_R

写真に一目惚れして“お見合い”してみたものの、なんか写真と違くはないんだけど的な微妙な空気感を再現したような感じの印象です。

furu-man027_R

まあ、パフェとしては宮崎マンゴーを美味しく頂く為のモノであり、昨今の過剰なデコレーションは必要ないと言えばないのですが、いわゆるパティシエ的な人が作るパフェとはちょいと違う予感です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。