ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒンドゥー教徒歓喜!ガンジス河の水がお家に届くサービスが始まるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界で最もカオスな国インド。訪れた人は、そのカオスさにハマってしまう人と、二度と行きたくない!と意見がはっきり分かれる面白い国です。

そんなインドで母なる存在ガンガーの呼び名で崇められる聖なるガンジス河。

そのガンジス河の水がネットで販売を開始するというニュースが飛び込んできました!

 

ガンジス河の水がネット通販開始!

photo by shutterstock

ガンジス河の水は、全ての罪を洗い流してくれると言われているため、ヒンドゥー教徒にとってガンジス河で沐浴することは一生の夢です。

自らの遺体を燃やし灰にして、ガンジス河に流すことは最大の願いです。そのため、ガンジス河の河川には至る所に火葬場があります。

 

しかしヒンドゥー教徒の中でも身体が不自由であったり、貧しかったりしてガンジス河まで訪れることのできない信者の方もいます。

そんな彼らの願いに応えるべく、インド最大の販売網を誇るIndia Postが協力し、現在できるだけ早くガンジス河の水を、宅配便でインド中に届けられるようネットのシステムを構築中とのことです。

値段は、あくまで宗教的な意味合いが強いため可能な限り抑え、インド各地のIndia Postや売店などでも販売できる体制を整えています。

 

取水地はガンジス河上流の聖地リシュケシュ

photo by shutterstock

ガンジス河の聖地といえばバラナシが有名です。行ったことある人はわかると思うのですが、めちゃめちゃ汚いです!

牛とか、どざえもんとか、もうありとあらゆるものが流れていて、あまりの汚さにうんちしてもいいと思った旅人がおしりをだしたら、猛烈に怒られたエピソードもあります。

バラナシで沐浴すると、コレラや腸チフスなどの感染症に一瞬でかかってしまいます。

 

今回販売されるようになるガンジス河の水は、このバラナシではなくヒマラヤの氷河から流れ出てきた上流にあるリシュケシュという街。この街はヨガの聖地としても有名で、フレッシュなガンジス河の水を体験できるスポットです。

その水はバラナシの濁った水とは段違いに綺麗です。
この計画はインド中の人から歓迎されており、巨大な需要があると見込まれています。

 

まずはインド国内のみ

Shoko Kawasakiさん(@shokokawa)が投稿した写真 – 2016 5月 20 8:08午前 PDT

現時点では購入出来るのは、インド国内のみに限られており日本から注文することは出来ません。ですが、110カ国2000万人とも言われる他の国に住むインド人の中にはヒンドゥー教徒が多く存在しているため、遅かれ早かれ国外への通販も行われることになりそう。

 

そうなれば、日本にいながらにしてガンジス河の水を手にすることができ、バスタブに貯めてバタフライできる日がくるかも…

日本でも購入できるようになったら、TABIPPO主催でガンジス河プールパーティーを開催したいと考えてますので楽しみにしててください。

 

参考:Daily Mail Online India

 
インドに興味を持った方はこちらもオススメ
これから社会人になる君がインドに行くべき5つの理由
女性がインドを安全に旅するために、露出してはいけない3つのボディライン
バックパッカー初心者はインドに飛べぃ!「インド黄金ルート」の都市総まとめ

関連記事リンク(外部サイト)

インドの世界一カラフルな祭典「ホーリー」が、4/15〜横浜で!昨年の参加レポはこちら
井浦新が提案する4泊6日のアイスランド「スゴい旅」をプレゼント!応募は6月15日まで
日本テレビ「スッキリ!!」にウユニ塩湖の写真集が取り上げられます!【4月22日(火)朝10時前後】
日本はTOP3に入らず!世界162ヶ国で治安が良い国TOP10を発表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。