体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カップルにおすすめ【広島】人気デートスポット17選!定番から穴場まで

カップルにおすすめ【広島】人気デートスポット17選!定番から穴場まで 170823_広島

世界遺産に登録された原爆ドームなど、歴史に根付いた数々のスポットを有する県「広島」。

自然溢れる山々と瀬戸内海を臨むこともでき、絶景ポイントも豊富です。

じゃらん編集部ではカップルにおすすめのデート情報として、広島のデートスポットを徹底調査。定番から穴場まで全17スポットを紹介します。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

記事配信:じゃらんニュース

原爆ドーム

原爆ドーム出典:じゃらん 観光ガイド 原爆ドーム

チェコ人の建築家、ヤン・レツル氏の設計で1915年(大正4年)に開館。かつて市の中心街にあった「広島県産業奨励館」跡。昭和20年8月6日の原爆の実状を伝えるため永久保存されている。1996年(平成8年)にユネスコの世界遺産として登録された。

\口コミ ピックアップ/

時間が止まったような場所で、戦争の悲惨さについて改めて考えさせられました。外国人観光客も非常に多く、この場所で何が起こったのかという説明を熱心に読まれているのが印象的でした。

(行った時期:2017年7月2日) 原爆ドーム

住所/広島県広島市中区大手町

「原爆ドーム」の詳細はこちら

広島平和記念資料館

広島平和記念資料館出典:じゃらん 観光ガイド 広島平和記念資料館

1945(昭和20)年8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けました。まちはほとんどが破壊され、多くの人びとの生命がうばわれました。かろうじて生き残った人も、心と体に大きな痛手を受け、多くの被爆者がいまなお苦しんでいます。 平和記念資料館は、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示するとともに、広島の被爆前後の歩みや核時代の状況などについて紹介しています。資料の一つ一つには、人びとの悲しみや怒りが込められています。原爆の惨禍からよみがえったヒロシマの願いは、核兵器のない平和な社会を実現することです。 平成18年(2006年)7月5日、広島平和記念資料館・本館は、意匠的に優秀なものと評価され、わが国の戦後建築物としては初めて国の重要文化財に指定されました。

\口コミ ピックアップ/

平和記念公園に行くなら、まずこちらから見て欲しいです。

教科書のように平面ではなく、実物の資料を見ることでより被害の甚大さを知り、平和の大切さを学ぶことができます。

大きな荷物があっても、ロッカー(返金あり)があり落ち着いて見ることができます。

(行った時期:2017年6月) 広島平和記念資料館

住所/広島県広島市中区中島町1-2平和記念公園内

「広島平和記念資料館」の詳細はこちら

弥山

弥山出典:じゃらん 観光ガイド 弥山

宮島中央の主峰。特別天然記念物原生林に覆われ,伐採禁止。山頂の展望は雄大。桟橋から白糸滝経由1時間半。

\口コミ ピックアップ/

日本三景、安芸の宮島ですが、弥山も含め島の大部分は原生林に覆われています。ロープウェーを乗り継いで終点の獅子岩駅まで登るとそこは絶景です。

(行った時期:2017年5月) 弥山

住所/広島県廿日市市宮島町

「弥山」の詳細はこちら

尾道

尾道出典:じゃらん 観光ガイド 尾道

尾道は南に尾道水道、北には千光寺山、西國寺山、浄土寺山にはさまれた東西に細長い町。江戸時代の名残りの波止場や職人町等の跡につくられた商店街が広がる。当時、山陰地方の物産がここまで運ばれ,ここで船積みされ江戸へ向かったのであった。また尾道商人がここを北前船の寄港地としたため尾道は一層繁栄した。風光明媚な町並みは日本の原風景と言われ、市内のレトロな雰囲気や瀬戸内海の美しい景色は多くの人を魅了し、林芙美子の旧宅や志賀直哉が移り住んだ。映画では小津安二郎監督の「東京物語」の撮影が行なわれた。全国でも有数のお寺の町でもあり市内に点在する古寺をめぐりながら、ゆっくり街を散策できる。

\口コミ ピックアップ/

歴史を感じる町で何度も訪れたくなる町並みです。

千光寺ロープウェイで千光寺公園まで向かい、あとは色々所を散策しながら坂を降りて来て尾道ラーメンです。

残念だったのは暑い時期だったのでネコがほとんど居てなかったです。

また涼しい時期に行きたいと思います

(行った時期:2017年7月) 尾道

住所/広島県尾道市東御所町1

「尾道」の詳細はこちら

しまなみ海道

しまなみ海道出典:じゃらん 観光ガイド しまなみ海道

\口コミ ピックアップ/

最近は、サイクリングで人気のしまなみ海道ですか、自転車で渡るにはちょっとしんどいと思われるご年配の方でも車で渡るだけで、風光明媚な景色と海を渡る潮風を感じることが出来て、胸一杯に空気を吸い込みたくなるそんな場所です。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。