ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女児らしからぬ胎動の激しさで改めて気づいた・・「この子、私(=ジャイ子)の子だった!!」 byうだひろえ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


前回記事:2人目の性別はお財布的にも切実…のはずが!いざ女児とわかって新たな扉が開く byうだひろえ

「元気に生まれてきてくれれば、それだけでいい……」

私だって、普段はそう呟きながらお腹を撫でる「ザ☆妊婦」だったんです。

でも、息子が夜泣きが酷くてしんどい時に、よその子の「うちは8時間ぐっすり☆」なんて話を聞くと、「頼む……、あなたは、夜はぐっすり寝る子になってくれ……」とお腹に話しかけるようにもなりました。 胎教の話はこちら: 検証!胎教は効果があるのかないのか!?2人目妊娠の理想と現実 byうだひろえ

お腹の子が女の子だと判明すると、先輩ママたちの「女の子はおとなしくて育てやすいわよ~」という言葉に励まされました。

確かに、周りを見ても、息子と同い年の女の子たちは、2歳くらいでもしっかりしていて、ママとのコミニュケーションが取れていて、男児みたく勝手に走り出したりはしない印象でした。

それは助かる……!と、まだ生まれてもないお腹の子に勝手に感謝していたのですが。

何かがおかしい、と思い始めた、妊娠4ヶ月の後半。

「あれ……?これ、胎動……?」と思えるような、お腹の中の動きがありました。

いやいやまだ早いかな、でもこれって、上の子の時の感じを思い出す、確かに胎動!

2人目は早い、と言いますが、本当に早かったです。

その胎動、それからどんどん強くなっていきました。

「胎動って、こんなに痛かったっけ……?」と思うくらい。

噂では、激しすぎる胎児キックによって、肋骨が折れた人もいるとかいないとか。

そんな噂もさもありなん、と思えるくらいの激しさでした。

「これも2人目だから……?」

「いやでも、女の子はおとなしいっていうのに……」

と思って、ハッとします。

ちょっと待って。この子……。

私の子だった!!!

私、子どもの頃、すごく活発で、よく男の子に間違われてました。

男子に混ざってサッカーするし、取っ組み合いの喧嘩もする。

でも少女マンガが好きで、心だけは乙女という、超やっかいな女児。

ああ、うん、そうですよね。

そんな私の娘ですもの、しずかちゃんかジャイ子かで言ったらジャイ子ですよね。

いいよ、ジャイ子、かわいいよ……。

いっぱい食べていっぱい動いて、そして夜はぐっすり寝てちょうだいね?

そう話しかけ続けて、無事に生まれて、現在2歳の娘。

このマンガの4コマ目、そのまんまです……。

(ミルクはもう飲んでませんけど) うだひろえさんの人気記事:わたし、想像以上に、しんどい。これで伝わる!妻から夫への「大変さ」の伝え方 byうだひろえ

著者:うだひろえ

年齢:アラフォー

子どもの年齢:4歳と2歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。4歳男児&2歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ 流し中。

website:http://umeyon.net

最新刊:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

うだひろえさんの

過去記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

幸せな瞬間
妊娠7ヶ月の胎動!
パパが触ると緊張する!?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP